ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営請負人の時代

新卒時からキャリアプランを考える時代が到来
30代からでも手元の“ピース”の組み合わせ次第で
人生を変えられる!
――『20代で人生の年収は9割決まる』著者 土井英司氏【後編】

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]
【第3回・後編】 2011年3月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

年収数百万円の人が突然年収1億円にもなれる――個人が付加価値をどれほど提供できるかで序列が決まる時代が到来している今、30代からのキャリアでは、手元にあるピースの組み合わせ次第で人生を変えられる。いかにして30代以降を楽しめる、市場価値の高いビジネスパーソンになれるのか。前回に続き、パーソナルブランディングのプロであり、数々のベストセラー作家の「著者ブランディング」を手がけてきた出版コンサルタントの土井英司氏が語る。

新卒時からキャリアを考える時代到来
30代以降と20代はどう違う?

どい・えいじ
1974年生まれ。株式会社セガ・エンタープライズ、日経ホーム出版社の就職雑誌『日経アドレ』編集を経て、2000年にAmazon.co.jpの立ち上げに参画。『ユダヤ人大富豪の教え』(50万部突破)、『プログラムはなぜ動くのか』(17万部突破)をはじめ、次々にベストセラーを仕掛ける。2001年、同社のCompany Awardを受賞。2004年、エリエス・ブック・コンサルティング設立。出版コンサルタントとして、数々のベストセラー作家を輩出。日刊書評メールマガジン「ビジネスブックマラソン」(読者5万人)を配信中。著書に『「伝説の社員」になれ!』(10万部突破)、『20代で人生の年収は9割決まる』(5万部突破)

南 土井さんの著書のタイトルである『20代で人生の年収は9割決まる』時代というのは今までの時代とどう違うのでしょうか?

土井 僕がこの本を書いた理由は、これからの新卒は会社に受かればいいというだけではなく、新卒のときからキャリアを考えなければいけなくなったからです。以前はもっと適当でも大丈夫だったのです。そこそこ有名な企業に入って、それなりにがんばっていれば道は開けていった。しかし今はどう考えてもそういう時代ではないでしょう?

 一方で、自分の使命のようなものを愚直にやり続けることで成功する若者がいます。クックパッドの創業者の佐野さんは同じ大学の同期なのですが、学生の時は学校で野菜を作っていたり、ソーラーカーを作っていたりしてお金にならないことばかりやっていた不思議な青年でした。

 社会人になって5年経ってもまだ儲かっていなかった時はちょっと心配しました。でも彼は「レシピも集まっていて、サービスもよくなっている」とあっさり言うのです。お金の心配以前に、彼は「食は人を幸せにする」というビジョンを貫いている。人が集まってサービスがよかったら、金は作れますからね。信念はどんな時代でも、やはり力強いです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]

1999年、米・タフツ大学数量経済学部・国際関係学部の両学部を卒業後、モルガン・スタンレー証券に入社し、M&Aアドバイザリー業務に従事。その後、香港・PCCWグループの日本支社の立ち上げに参画。幼少期より興味があったスポーツビジネスに携わるべく、2004年、楽天イーグルスの創業メンバーとなる。チーム運営や各事業の立ち上げサポート後、GM補佐、ファン・エンターテイメント部長などを歴任し、初年度から黒字化成功に貢献。 2007年、株式会社ビズリーチを設立し、代表取締役に就任。日本初の個人課金型・転職サイト「ビズリーチ」を運営。2010年、プレミアム・アウトレットをイメージしたECサイト「LUXA(ルクサ)」を開始。2012年、ビズリーチのアジア版「RegionUP(リージョンアップ)」をオープン、2013年2月、IT・Webエンジニアのためのコラボレーションツール「codebreak;(コードブレイク)」をオープン。著書に『ともに戦える「仲間」のつくり方』『絶対ブレない「軸」のつくり方』(ともにダイヤモンド社)がある。

 


経営請負人の時代

「経営のプロ」として、社外から登用される社長や役員。彼らの経営哲学、プロフェッショナルなビジネスパーソンになるための秘訣、自身の市場価値を高めるキャリアの磨きかた、若きビジネスパーソンへのメッセージなどを語ってもらうインタビューシリーズです。聞き手は、平均年収1000万円以上レベルの人材と企業をマッチングする会員制転職サイト「ビズリーチ」代表の南壮一郎。

「経営請負人の時代」

⇒バックナンバー一覧