ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ずるい勉強法
【第15回】 2017年1月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐藤大和 [弁護士]

99%の人に「NO」と言われても実行する

「どうせ無理」と言われてあきらめたことはありませんか?そのときに掲げた目標は現実的に不可能なのかもしれません。ただ、そう思っていたら、何事も前には進みません。世の中には、「どうせ無理」を覆した人たちがいっぱいいるのです。シリーズ6万5000部を突破した『ずるい勉強法』より、情熱を絶やさない方法を紹介、年初めのこの時期に読んでほしい内容です。

高い目標が人を奮い立たせ、
やる気にさせてくれる

やる気を維持するための秘訣は、とにかく高い目標を持つことです。

 私の大好きな人物の一人に、吉田松陰がいます。みなさんもご存じかと思いますが、幕末期、多くの人々に影響を与えた武士であり思想家です。

 その松陰は、次のような言葉を残しています。

 「如何如何、僕已に狂人、孔孟流儀の忠孝仁義を以って一々責められては一句も之なし」

 これは、「自分はすでに狂人だ。一つの道にまっしぐらに進むことしか頭にない。それを、孔子や孟子の道徳的な教えを引いて責められても、言うべき言葉は見つからない」という意味です。

 松陰の言う「狂人」とは、狂ったような情熱と高い目標を持った人のことだと私は解釈しています。常人では考えられないような壮大な目標が、夢を実現させるエネルギーになるのです。

 私は、以前勤めていた法律事務所から独立する際に、ほかの弁護士仲間から「絶対に無理だ」「東京では難しい」などと言われました。アドバイスはありがたかったのですが、逆に「絶対に大きな事務所をつくってやる!」と奮起し、今、私の事務所は国内有数の規模にまで成長しています。

 「司法試験を受ける」と宣言したときも笑われましたし、今も、前回お話ししたように「世界一の事務所をつくり、500年後にも残す」と言っては、やはり多くの人に笑われています。

 ですが、松陰のように、世に名を成した人たちは、常識でははかることができないくらいの大きい志を持って、成功させている人ばかりです。

 100人いたら99人が無理と言うくらいの大きい目標を掲げて進んでいくべきだと、私は強く思います。

 北海道にある「植松電機」は、社員約20名の中小企業です。ある日、専務取締役の植松努氏(現・代表取締役)が「ロケットをつくる」と言ったとき、周囲の全員が「そんなことできるわけがない」「無理だ」と反対しました。しかし、植松氏は、「『どうせ無理だ』と言わない」をモットーに、宇宙開発事業を始め、ついにはロケットや人工衛星をつくることに成功したのです。

 このように、誰が見ても無理だと思うような目標も、信念を持って臨めば達成することができます。高い目標が人を奮い立たせ、やる気にさせてくれるのです。

 どうしても具体的に高い目標を持てないという人は、「世界一幸せになる」でもよいのです。自分を追い込むつもりで、これくらいスケールの大きい目標を公言しましょう。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
チームの生産性をあげる。

チームの生産性をあげる。

沢渡あまね 著

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
どんな職場でも働き方は変えられる!人気の業務改善士が教える、仕事の進め方を変えて、アウトプットを最大化する8ステップ。日本マイクロソフト、ヤフー、日本旅行、ナムコ、NTTデータ、大阪王将、ジヤトコ…他、企業事例多数!「働き方改革」実践書の決定版!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、7/2~7/8)



佐藤大和 [弁護士]

レイ法律事務所代表弁護士(東京弁護士会所属)
1983年生まれ。宮城県石巻市出身。高校時代、模試では偏差値30のダントツビリで落ちこぼれ。大学生になってから勉強に目覚め、2009年の司法試験に1回目で合格(民事系科目は上位5%以内で合格)。11年、弁護士となり、大手法律事務所を経て、14年4月、レイ法律事務所を設立し、経営者弁護士として、2016年1月には国内の法律事務所でTOP5%以内の事務所規模に成長させる。TBS「あさチャン!」、フジテレビ「バイキング」のコメンテーターのほか、NHK Eテレ「Rの法則」などに出演。フジテレビ「リーガルハイ」、テレビ朝日「グッドパートナー 無敵の弁護士」、日本テレビ「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」など数多くの人気ドラマの法的監修も手掛ける。15年9月には『ずるい暗記術 偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法』(ダイヤモンド社)を出版し、ニューヨークタイムズ、スウェーデンの新聞社など海外からも取材も受けるマルチ弁護士として活躍中。

 


ずるい勉強法

社会に出て結果を出すためには、さまざまなハードルをクリアしなければいけません。社会に出れば、今までのような同学年を中心とした同世代だけとの争いではなく、社会に出ている人、全員がライバルになります。自分より頭のいい人や一流大学出身の人は、数多くいます。そんななか、社会で常に求められるのは、「結果を出すこと」です。そのためには、人生において大事な「学び方」を変えればいいのです。人生において大事な勉強だからこそ、うんとラクをしないと続けられません。そこで、「覚える→思い出す」の暗記術を社会に出てからも活かすのです。答えを暗記するこの方法は、社会に出てからのほうが効果的に使えます。そこで、新刊『ずるい勉強法 エリートを出し抜くたった1つの方法』より、社会で負けない勉強法を紹介していきます。

「ずるい勉強法」

⇒バックナンバー一覧