ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
消費者のココロのスイッチを押すしかけ

過剰な「自粛」は正しいのか?
マーケティングのプロが
被災地復興のためにできること

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]
【第5回】 2011年3月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 3月11日午後2時46分。私は九段下(千代田区)のカフェでメディアの担当者と打ちあわせ中に、突然その時を迎えました。

 大きな揺れを感じて、1Fにあったカフェから外に飛び出すと、地面が激しく上下して、すぐ隣の高層のオフィスビルが大きく左右に振れているのを見て、これがこれまで体験したどの地震とも全くレベルの違うものだということが直感でわかりました。

ツイッター上で
「不謹慎!」と非難の嵐

 2週間後の現在――。大地震にともなう計画停電で、東京の繁華街のネオンが消され、帰宅への不安から人通りも減少し、不規則な停電スケジュールにより営業を休止する店舗が続出しました。さまざまなイベントやコンサートなどは節電を理由に次々中止が決まり、加えて多くの各種学校の卒業式や入学式も行われないことになりました。また、企業の宣伝広告・販促活動は「自粛」という名目で相次いで中止、延期となり、テレビCMは全てACジャパン(公共広告機構)に差し替えられました。

 メディアによる連日の被災地の過酷な現実と放射汚染の不安を煽る報道、余震にくわえて日本各地で頻発する新たな地震で消費マインドは大きく低下しています。一方、東日本で起こっている尋常ではない品不足・買い占めによる混乱。この異常事態の中では、通常期の購買行動とは違い明らかに生活必需品の需要が圧倒的に増し、嗜好品の優先度が下がって、趣味やファッション、グルメにお金を使おうという気持ちが著しく萎えています。必要以上の節電の必要もなく、地震で直接の被害を受けていない西日本でも消費は大きく落ち込んでしまっています。

 それに拍車をかけているのが社会全体を覆っている過剰なまでの自粛と、不謹慎のムードです。さらにそのムードを助長しているのが、この地震で災害時の有効な情報インフラとして改めて注目されたツイッターなどのソーシャルメディアです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


消費者のココロのスイッチを押すしかけ

インターネットの影響などで情報があふれ、“広告が届きにくい”時代になったと言われます。そこでマーケティング担当者はどう考え、何をすべきなのか。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「消費者のココロのスイッチを押すしかけ」

⇒バックナンバー一覧