ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
一流の育て方
【第39回】 2017年3月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
ミセス・パンプキン

「一流のコミュニケーション能力」に必要なのはコレだ
共感力・人間性教育・弱者への配慮

1
nextpage

将来、子供に感謝される「新しい育て方」とはどのようなものか?約200人の「リーダーシップ溢れる学生」および、各界で活躍するビジネスリーダーたちが「親に最も感謝している教育方針」を徹底的に調査した『一流の育て方 ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる』
本連載では、著者であるミセス・パンプキン氏が、本書や数々の講演会で伝えている「自己肯定感が高く、主体的に自己実現できる人の育て方」のエッセンスを公開していく。

リーダーに必要なコミュニケーション能力とは?

 周りからリーダーと認められるために必要なコミュニケーション能力とは、相手への共感力に他なりません。

 拙著『一流の育て方』で強調させていただいた一流の育て方とは、いわゆる一流の大学に入れて一流の企業に就職させることが目標ではありませんでした。豊かな感性や高い人格を持ち、自分と異なる人の意見を聞くことができ、弱者や他人の立場に立って物事を考える習慣を持ち、主体性を持って生きることで多くの人から信頼される人間に育てることを、その目標の一つに挙げました。

 最近、誰もが世界屈指のリーダーと認めるカルロス・ゴーン氏(日産自動車社長)が、リーダーには3つの条件が必要だと明示されていたのが、筆者の興味を惹きました。

 一つ目は「結果を出せる人」。二つ目は「人々と繋がる能力が身についていないといけない。部下の働く意欲に関わるから、共感される能力を磨くべきだ」。最後は「生まれながらのリーダーなど存在しない。リーダーは周囲からリーダーだと認識されないとなれないものだ」(日本経済新聞「私の履歴書」より)というものです。

 世界一の権力を持つアメリカのリーダーに、ドナルド・トランプ氏が就任しました。メディアを通じて知る限り、ゴーン氏の挙げた「結果を出せる人」かどうかはこれからだとしても、「周りからリーダーと認識されているか?」という観点では、その答えははなはだ疑問でしょう。

 トランプ氏の容赦ない数々の差別発言や、反対意見を遮断し非難する行為、聞く耳を持たぬツイッターの多用等、その多くが『一流の育て方』では、まず大人が慎まねばならないと提言したことばかりでした。

 トランプ氏の暴言は、自身の支持層の”共感“を得ることはできません。一国の大統領として、また世界の指導者としての”幅広い共感“は到底期待できず、トランプ氏事態もハナから、「国民や世界を統合するリーダー」を目指しているわけではないことが、見て取れます。

 言い換えれば、共感を受けられる範囲が、その人のリーダーシップのサイズを決定するともいえるでしょう。トランプ氏は雄弁ではありますが、広く共感を得るためのコミニュケーション能力は、決定的に欠落しているのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

Shin 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
たった1年で、ド落ちこぼれを外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで成長させた超実践的成長ノウハウ! 「指摘のドラフトメール一元化」「最強のTodoリスト」……などコピー取りすらろくにできなかった20代の若手コンサルタントが、自分を変えるために必死で考えたオリジナルの7つの仕事術を紹介。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/2~7/8)



ミセス・パンプキン

1947年生まれ。立命館大学法学部卒業。一般的な家庭でありながら、4人の子どもはそれぞれ、プライベートエクイティ・プロフェッショナル、ニューヨーク州弁護士やロンドン勤務の公認会計士、カナダの大学教員などグローバルに活躍するプロフェッショナルに成長。東洋経済オンラインでの長期にわたる人気連載「ミセス・パンプキンの人生相談室」では膨大な数の育児相談をこなし、さまざまな家庭の問題について、洞察あふれるアドバイスを提供している。


一流の育て方

竹中平蔵教授が「『親の教科書』といえる稀有な良書」と評し、『「学力」の経済学』著者、中室牧子氏が「どうやって子どもをやる気にさせるのか、その明快な答えがここにある」と絶賛! “グローバルエリート”ムーギー・キム氏と、子育て連載でバズ記事連発のミセス・パンプキン氏が膨大な「家庭教育調査」から著した画期的な一冊『一流の育て方 ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子』を育てるから、そのノウハウを大公開する。

「一流の育て方」

⇒バックナンバー一覧