ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ドラッグストアニュースPick-Up

マネジメントセミナー報告
食品MDの今後に強い関心

ドラッグストアニュース
【第26回】 2011年4月6日
著者・コラム紹介バックナンバー

 株式会社ダイヤモンド・フリードマン社は2月23日、食品MDをテーマとしたメーカー向けセミナー「ドラッグストアマネジメントセミナー ~ドラッグストアの店頭MDを考える~」を東京都港区の南青山会館で開催した。

 当日は食品メーカーのドラッグストア(DgS)担当者を中心に40名あまりが参加し、およそ3時間にわたって、講師陣の話に耳を傾けペンを走らせていた。

 セミナーではまず、弊誌編集長の田中浩幸より実際のDgS店頭写真を例示しながらDgSと食品スーパー(SM)とのMD政策の違いを解説。「加工食品を中心に、品揃えの構成要素こそ大きくは変わらないが、訴求ポイントと動線が大きく異なっている」とDgSにおける食品MDの概要を説明し、セミナーの開会を宣言した。

 講演は、株式会社ノティオの安藤恵吾氏が「DgSからの『新たな食品提案のために!』」というテーマで登壇した。安藤氏は、DgSの店舗運営に関する数値の経年変化を紹介した後に「現在はDgS企業間の同質化が進んでいる」と解説。売場づくりに手がまわりづらくなっている状況のなかで「卸+メーカーが商品の売り方やマネジメント手法を提案していくことが重要だ」と述べ、具体的なマネジメント実施の方向性を提言した。

 次いで壇上にはジェイビートゥービー株式会社の奥島晶子氏が上り、「データで見るドラッグストアの業態特性(食品を中心に)」と題した講演を行った。奥島氏はロイヤルカスタマーの購買行動がいかに店舗の売上に影響を与えるかを示し、彼らの離反防止こそがDgSにとっては重要なカギであると解説。顧客に支持される品揃えや販促、売場づくりを行い、リピート率を高めることが非常に重要であるとしたで、食品の細かなカテゴリーや店舗特性ごとに整理された具体的な数値を示しながら、DgSにおける食品MDのあり方を紹介した。

 最後は株式会社サンドラッグの原弘第3商品部部長が、パネルディスカッションのパネラーとして登壇。弊誌編集長とともに、DgSにおける食品MDの現状や課題、展望などについて意見を交わした。

 両氏のやり取りでは、DgS業界の現状として、食品部門でのプロの人材が不足する傾向も見られ、まだメーカーをはじめとするサプライヤーとの十分なやり取りが難しい状態にあると課題を分析。食品の導入も進み、MDが確立の方向にあるようにも見えるDgSだが、課題も山積しており、生活者意識の変化も見据えた、MD再構築の必要性を指摘した。

「ドラッグストアニュース」4月号 好評発売中!

ドラッグストアはセルフメディケーションの受け皿を標榜するストアフォーマットの確立をめざしています。それは、人口減少と高齢化が進む中で、生活者が求める店舗の機能は、単なる物販から次第にサービス機能を併せ持つ、日常生活でなくてはならない店舗としての姿です。
ただいま発売中の「ドラッグストアニュース」4月号では、医薬品や化粧品とともに、生活者が自分たちの健康・美容を促進する快適なライフスタイルを送るために必要となる、ドラッグストアのフードMD(商品政策)とカウンセリングに注目し特集しています。総力をあげてお届けする本特集が、既存の役割とともにドラッグストアの機能拡大を進める一助になるものと確信しています。
購読のお申し込みはこちらから

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ドラッグストアニュース

ドラッグストアニュースは、拡大するヘルスケア&ビューティケアマーケットに携わるビジネスパーソンに向けた情報誌。最新店舗情報や企業情報、そして今後ますます重要になる、生活者に自店のファンになっていただくための商品カウンセリング、コミュニケーション情報を満載し、薬剤師や登録販売者など、スタッフのスキルアップをサポートしています。成熟社会が訪れたいま、身近で快適なライフスタイルを生活者に提案するスタッフへビジネスのヒントを届けます。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


ドラッグストアニュースPick-Up

業界情報から消費者トレンドまで、ドラッグストアニュース編集部が日々の取材活動を通じて取り上げる選りすぐりの巻頭ニュース。

「ドラッグストアニュースPick-Up」

⇒バックナンバー一覧