ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
香山リカの「こころの復興」で大切なこと
【第6回】 2011年5月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
香山リカ [精神科医、立教大学現代心理学部教授]

復興の役に立てないからといって、
あなたの価値が下がったわけではない

1
nextpage

大震災が起こっても、
人間のアイデンティティまで問われるわけではない

 震災後、仕事の打ち合わせで女性誌の編集の方とお会いしました。メディアが一斉に震災の悲惨さを伝えるなか、その仕事は震災とは一切関係がないものでした。

 震災前から決まっていた仕事ですから、進めるのは当然のことです。少なくとも私はそう思っていたのですが、その編集者は戸惑いを隠せないようでした。
「被災地で苦しんでいる人がいるのに、自分はこんな仕事をしていていいのか」
「自分がやってきた仕事は、いったい何だったのか」
「これほどの大災害が起こったあと、自分は何をしていけばいいのか」

 エンターテインメント、ファッション、健康。被災者支援とはまったく関係のないそうした仕事をしていることが虚しいと言うのです。

 この編集者だけではなく、いま、アイデンティティが揺らいでいる人が非常に多くなっています。性格的に真摯な人であればあるほど、その傾向は強いようです。

 お花屋さんを例にとりましょう。

 被災者支援に直接結びつかない自分の仕事は、社会の役に立っていないのではないか。その人にとっては、小さいころから夢見てようやく手にした職業なのに、未曾有の大災害の前ではまったく無意味だと思い込んでしまっています。

 その後ろめたさは、自分の行動を正当化することで抑え込んでいます。
「被災者支援に行く人が私の花で癒され、優しい気持ちで支援をしてくれるはずだ」
「私は、花を売ることで経済を回している。これが被災者支援につながるはずだ」

 同じように、家庭の主婦も罪悪感を抱いています。

 自分は被災者のために何もできないという無力感。仕事という形で社会に参画していない後ろめたさ。これらを、唯一残された「消費で経済を回す」という究極の方法で正当化をすることで、かろうじて抑え込んでいるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


 

香山リカ [精神科医、立教大学現代心理学部教授]

1960年北海道札幌市生まれ。東京医科大学卒業。豊富な臨床経験を生かし、現代人の心の問題のほか、政治・社会評論、サブカルチャー批評など幅広いジャンルで活躍する。著書に『しがみつかない生き方』『親子という病』など多数。


香山リカの「こころの復興」で大切なこと

震災によって多くの人が衝撃的な体験をし、その傷はいまだ癒されていない。いまなお不安感に苛まれている人。余震や原発事故処理の経過などに神経を尖らせている人。無気力感が続いている人。また、普段以上に張り切っている人。その反応はまちまちだが、現実をはるかに超えた経験をしたことで、多く人が異常事態への反応を示しているのではないだろうか。この連載では、精神科医の香山リカさんが、「こころの異変」にどのように対応し「こころの復興」の上で大切なことは何かについて語る。

「香山リカの「こころの復興」で大切なこと」

⇒バックナンバー一覧