ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ど素人が不動産投資の本を読んで月100万円稼げた!
【第2回】 2011年6月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
堀口博行

進化した「鬼のような指値」で
不動産を徹底的に安く買う!

1
nextpage

ど素人の堀口さんが不動産投資の本を読んでマネした手法のひとつが「鬼のような指値」。物件を徹底的に安く買うことで、その後のリフォームや客付けなどが容易になるといいます。素人ではなかなか成果が出ない値引き交渉を成功させる秘訣は何か? 「鬼のような指値」のコツと、それをさらに進化させた5つの応用手法を紹介します。(連載第1回はこちら
 

最初は成功者の教えを忠実にやってみよう
すぐに成果は出なくても、結果はきっとついてくる

 始めたばかりの頃は、成功者の不動産投資本の内容を忠実にやるとうまくいきます。

 成功者の中でも、自分が納得できる手法を使っている人の本がいいでしょう。私の場合は加藤ひろゆきさんの『ボロ物件でも高利回り 激安アパート経営』でした。

 忠実にやるというのは、すべてそのとおりにするということではなく、不動産投資本の要点を書き出し、それに沿った行動をするということです。

 私も最初は、加藤さんの本にある「鬼のような指値」に徹底的にこだわり、市街化調整区域内にある、ミニ開発されたおかしな戸建などを見に行き、290万円の価格に対し70万円という指値を入れました。

 自分でつくったような細いコンクリートの長い道の向こうに、戸建がポツンとある変な立地です。その細い道は、車の幅くらいしかありません。

 トイレは汲み取り式、水道はなくて井戸水という、訳のわからない仕様でした。

 そのほかに380万円の戸建に対し110万円の指値、150万円の戸建に対して50万円の指値など、自分で納得がいく価格で値引き交渉をしていったのです。

 でも、どれも価格交渉はできずに玉砕しました。

 価格交渉に慣れないうちは、不動産屋の営業マンの捨て台詞で心が傷ついたりしますが、別に不動産屋の営業マンが納得した価格で成功するわけではないので、まったく気にする必要はありません。

 すぐには成果が出ませんでしたが、このように妥協なしで、加藤さんの手法を厳格に貫いた物件探索をしていったことで、結果的には、利回り64%のメガ利回り物件に出会うことができました。

 いくら値引き交渉をしても、目標価格が厳しくないと、普通の利回りになってしまったりします。ボロ物件の場合には空室期間が長いので、収益スピードに深刻な影響が出ます。

 投資スピードを考えると、妥協なしに「鬼のような指値」をやってよかったと思っています。

 毎日、ネットで物件を検索し、お手ごろな物件を土日で内覧して、欲しい値段で買付証明を入れる。それが、加藤さんの本を読んで習得した重要な要点です。

 単純ですが、この中にボロ不動産投資でのポイントが散りばめられています。 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


堀口博行 

札幌の大学業後、会社員となる。北海道で3年間勤務後、首都圏へ転勤。首都圏時代には起業家セミナーを担当し、当時、最盛期のライブドア社長・堀江貴文氏の起業家セミナーを開催する。再び北海道への転勤となり、会社勤務の傍ら、実家の農業に従事し、長ネギを中心とした野菜栽培で3年目には年間1000万円の利益を達成する。
その後、会社から転勤辞令が出され、やむなく農業から離れる。空いた時間を利用して不動産投資を始め、約2年半で月100万円超の手取り収入を得るようになり、現在は不動産投資で月200万円超の収入を得ている。2014年に勤めていた会社を退職し、現在は不動産投資をしながら、儲かりそうなビジネスがないか探求している。
著書に『週2日だけ働いて農業で1000万円稼ぐ法』『ど素人が不動産投資の本を読んで月100万円稼げた!』(ダイヤモンド社)がある。


ど素人が不動産投資の本を読んで月100万円稼げた!

書店で偶然手に取った1冊の不動産投資本。20万~数百万円程度の資金で不動産投資ができることを知った堀口博行氏は、本の内容をマネして実際にやってみた。
最初は失敗しながらも、ボロ物件を次々買っていき、2年半で15棟を取得(うち3棟は売却済)。100万~200万円の戸建てを中心に、平均して実質34.3%の利回りを実現し、借金返済や税金を払った後の手取り収入で月100万円以上を得ている。
まったくの素人が本の内容を実践し、本家以上のボロ物件投資家になれたのは、なぜか。成功するための4つのポイントを教えます。

「ど素人が不動産投資の本を読んで月100万円稼げた!」

⇒バックナンバー一覧