ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営請負人の時代

もはやプロフェッショナルは企業に属して働かない!?
個人の専門職能を武器に“フリーランス革命”が進行中
――GyaO社長・川邊健太郎氏【後編】

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]
【第6回・後編】 2011年7月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

終身雇用と年功序列の崩壊、グローバル化の波…。あまりに急激な変化が続く中、ビジネスパーソンはどのように個人の市場価値を高めればいいのか?前回に続き、累積100億円の赤字事業を2年間で黒字化した株式会社GyaO代表取締役社長・川邊健太郎氏に、これからの時代に成功するビジネスパーソンの秘訣と、この時代を読み解く術を聞く。

プロデューサーたるもの、遊ぶべし

かわべ・けんたろう
東京都渋谷区生まれ。1995年のインターネット黎明期より、起業家としてネットサービス事業に携わる。自らが設立した「PIM」において携帯インターネットの市場を開拓。2000年にヤフー株式会社と合併し、「ヤフー・モバイル」のプロデューサーに従事。2007年に「ヤフー・ニュース」のプロデューサーに。続いて2009年のヤフー株式会社によるGyaO買収を機に、株式会社GyaO代表取締役社長に就任。現在に至る。無料動画GyaO![ギャオ]

南 川邊社長は、どんなことを意識しながらこれまでご自身の市場価値を高めてきましたか?

川邊 「プロデューサーとしての力量を上げる」に尽きます。今後は、いろいろな分野や業種を横断しながら人々を束ね、新しいひとつの価値をつくるプロデュース力が重要になると思うからです。

南 プロデュース力を磨くために、社外でどのような活動をされていますか?

川邊 勉強会などは積極的に行っています。一見関係がなさそうなことが、実は非常に重要だったりするものです。広く見聞きしておかないとプロデューサーなんて務まりません。今世の中で何が起こっていて、どの世代のどんな人に、何が期待されているのか、さらにその先にあるものを模索するという視線の投げ方が大切です。

南 なるほど。情報についてはどうでしょう?ネットビジネスではまさに誰よりも早く情報を得てビジネスに展開していく瞬発力が大切だと思うのですが。川邊社長はどのようにして情報力を鍛えているのでしょう?

川邊 基本的な考えとして、情報は時差が生じるものです。つまり、誰かがすでに見聞きしてテレビや新聞などのメディアに出している情報では、すでに遅すぎます。メディアに出る前に、誰かが話している情報、さらにはその人が口に出す前に頭の中にある考えが最新情報なのです。その情報を取れていないとプロデューサーとして失格です。ではどうするか?簡単です。ちゃんと遊ぶことです。

 よく部下に話すことなのですが、以前ヤフーの面接に来た人にこんなことを聞かれたのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]

1999年、米・タフツ大学数量経済学部・国際関係学部の両学部を卒業後、モルガン・スタンレー証券に入社し、M&Aアドバイザリー業務に従事。その後、香港・PCCWグループの日本支社の立ち上げに参画。幼少期より興味があったスポーツビジネスに携わるべく、2004年、楽天イーグルスの創業メンバーとなる。チーム運営や各事業の立ち上げサポート後、GM補佐、ファン・エンターテイメント部長などを歴任し、初年度から黒字化成功に貢献。 2007年、株式会社ビズリーチを設立し、代表取締役に就任。日本初の個人課金型・転職サイト「ビズリーチ」を運営。2010年、プレミアム・アウトレットをイメージしたECサイト「LUXA(ルクサ)」を開始。2012年、ビズリーチのアジア版「RegionUP(リージョンアップ)」をオープン、2013年2月、IT・Webエンジニアのためのコラボレーションツール「codebreak;(コードブレイク)」をオープン。著書に『ともに戦える「仲間」のつくり方』『絶対ブレない「軸」のつくり方』(ともにダイヤモンド社)がある。

 


経営請負人の時代

「経営のプロ」として、社外から登用される社長や役員。彼らの経営哲学、プロフェッショナルなビジネスパーソンになるための秘訣、自身の市場価値を高めるキャリアの磨きかた、若きビジネスパーソンへのメッセージなどを語ってもらうインタビューシリーズです。聞き手は、平均年収1000万円以上レベルの人材と企業をマッチングする会員制転職サイト「ビズリーチ」代表の南壮一郎。

「経営請負人の時代」

⇒バックナンバー一覧