ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

ヒントはルノーの2人乗り電気自動車?
単なる乗り物の域を超えた
「超小型モビリティ」の本当の可能性

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第85回】 2011年7月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

超小型モビリティ実証試験で活躍する
トヨタ車体「コムス」の正体

 本連載第79回(メイド・イン・ジャパン復権の切り札「超小型モビリティ」という究極のエコカー)、第80回(豊田市の超小型モビリティ実証試験に見る都市内交通革命とトヨタの本音)で「超小型モビリティ」について紹介した。また、第84回(日本のモノづくりの常識は通用しない!わが道を行く中国発“超小型電気自動車”革命)で「超小型モビリティ」の来るべき競争環境について考察した。

 こうした中でたびたび登場したのがトヨタ車体「コムス」だ。同車は日本市場で最も普及しているミニカーであり、産学官による様々な実験や実証試験で活用されている。

 では、この「コムス」とはいったい何ものなのか?その歴史と現在のポジショニングを改めて調べてみた。

トヨタ車体「コムス」

 まず同車は、電気自動車だ。正確に表現すれば、道路交通法上で第一種原動機付き自転車(4輪)という部類に属し、運転には普通免許が必要だ。このカテゴリー、一般的に「ミニカー」と呼ばれている。全長x全幅x全高は1935mmx995mmx1600mm。重量は290kg。後輪それぞれの内側にインホイールモーターがあり、片側の定格出力は0.29kw、合計で0.58kw(「ミニカー」の最大定格出力は0.6kw)。電池は鉛蓄電池で、8時間充電すると航続距離は市街地で約35kmに達する。価格は「ベーシック」で79万2750円。また同車にはこの他に、全長を2365mmにし搭載蓄電池を増やして航続距離を約45kmに伸ばした「コムスロング」がある。

 コムスは2000年にアラコ(当時)が、「エブリデー・コムス」(当時)として製造販売を始めた。アラコはトヨタ自動車の関連会社で、2004年にシートなどの内装関連部門がトヨタ紡織と、「ランドクルーザー」や「エブリデー・コムス」などの自動車関連部門がトヨタ車体へ事業合併された。

 以前、筆者がある自動車関連展示会で取材したトヨタ車体の営業関係者によると、「エブリデー・コムス」はアラコの塩見正直社長(当時)の鶴の一声で企画が始まったという。なお、トヨタ自動車は2011年7月13日、子会社のトヨタ車体と関東自動車工場を2012年1月を目処に株式交換によって完全子会社化すると発表した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧