ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
がん保険を疑え!
【第3回】 2011年8月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
後田 亨 [(株)メディカル保険サービス役員]

「がん保険」に入るなら、診断給付金にこだわる。
そして医療保険は解約すべき

1
nextpage

大好評の本連載。ここまで2回目までは、高すぎる「がん保険」の謎に迫りました。第3回目は、それでもがん保険に入りたい人向けに、『がん保険を疑え!』の著者・後田亨氏が、入り方のポイントを具体的にご紹介します。終身型がいいのか定期型がいいのか。そこには保険そのものとの付き合い方が見えてきます。

「がん保険」で最重視すべきは
診断給付金である

 販売手法や価格設定などに疑問が多い「がん保険」ですが、世の中「いざとなったら、預貯金やその他の資産を換金するだけ。何も心配ない」とおっしゃる方ばかりでもないでしょう。そこで今回は、「がん保険」の入り方を考えます。

 とはいえ、難しく考える必要はありません。

 「まとまったお金のために1円でも安く加入する」。

 それだけです。

 「がん保険」に限らず、保険とはそういうものだからです。たとえば「日帰り入院」で1万円が支払われる場合、あるいは支払われない場合、その後の生活がどれくらい変わるだろうかと考えてみて下さい。そもそも保険の利用を検討すべきテーマだろうかという疑問が浮かぶでしょう。

 「がん保険」で、最もまとまった金額が見込めるのは、がんと診断された時点で100万円単位のお金が支払われる「診断給付金」です。診断給付金100万円、入院給付金1日あたり1万円、通院給付金1日あたり1万円というプランに加入した場合を想像してみるとわかりやすいと思います。

 入院や通院に対応している給付金は、少額の給付にとどまる可能性もあります。大きな金額になるにしても時間がかかります。その点、診断給付金は、他の給付金より早い時点で請求ができる点でも優れています。

 また、一度の請求で済むことも重要でしょう。「入院」や「通院」など費用が発生する要因別に「特約」を充実させると、その都度請求の手間もかかります。

 単身者や高齢者が増える中、頻度に関して言えば、「一度で完了する手続き」以上に、保険金請求に関する「サービスの向上」は考えられないはずです。「煩雑な手続きの心配は御無用。そんな時のために対面販売の担当者がいます」といった保険会社からの説明も考えられますが、説得力には疑問が残ります。担当者が変わりやすいこと、それを防ぐ方策がなかなか奏功しないことは歴史が証明しているからです。

 そんなわけで「がん保険」選びは、診断給付金を最重要視する、他はこだわらないという選択が良いと思います。極力シンプルなプランの利用がおすすめです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


後田 亨 [(株)メディカル保険サービス役員]

1959年生まれ。1995年に日本生命に転職。2005年より(株)メディカル保険サービス役員。2007年発売の「生命保険の『罠』」(講談社+α新書)がベストセラーとなり、以後、主に執筆・セミナー講師・個人向け有料相談を手掛ける。他の著書に、「“おすすめ”生命保険には入るな!」(ダイヤモンド社)、「生命保険のウラ側」(朝日新書)。日経電子版「保険会社が言わないホントの保険の話」他、連載・メディア掲載多数。
公式サイトhttp://www.seihosoudan.com/


がん保険を疑え!

いまや2人に1人ががんに罹る時代。それを売り文句にがん保険が大々的に売り出されている。しかし、そもそも2人に1人ががんに罹るなら保険は成立するのか?「がん保険を疑え!」を刊行した「生保のご意見番」後田亨氏が、がん保険のなぜに迫ります。
 

「がん保険を疑え!」

⇒バックナンバー一覧