ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
森信茂樹の目覚めよ!納税者

民主党代表選では、党内融和優先ではなく
政界再編の先駆けとなる政策論争を

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]
【第10回】 2011年8月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

いよいよ狼がやって来る?

 現在わが国が抱えている経済の課題は、20年にも及ぶデフレの脱却、新たなエネルギー政策のもとでの経済成長戦略、社会保障・税一体改革(財政再建)の実行の3つ、それと震災復興であろう。

 どの課題も、容易に解決できるものではない。取り巻く状況も、いわゆる6重苦、つまり①円高、 ②高い法人税率、 ③TPP等貿易自由化の遅れ、 ④労働をはじめ各種の規制、 ⑤温室効果ガス抑制策、 ⑥電力不足である。

 このような中で、きちんとした政策運営の実行できる政治体制を構築しなければ、わが国の財政事情を格好の材料にして、国際投機筋の食い物になる可能性がある。というのは、財政問題の本質は、政治問題であるからだ。このことは、欧州の財政危機、米国債の格下げ問題などでもわかるように、すべて各国の財政健全化に対する政治の信認を材料としていることからもうかがえる。

 これまで、わが国の財政健全化の必要性を話題にすると、「金利がこんなに低い時に、財政危機が起きるはずはない」と狼少年呼ばわりされてきたが、いよいよ、いつ本当に狼が現れてもおかしくない状況に来ている感じがする。

代表戦候補者たちの政策

 そういう中での民主党代表選挙である。

 連日新聞は、代表選候補予定者の見解の一覧比較を掲載している。日経記事では、「短期的な復興増税には温度差があっても社会保障と税の一体改革に伴う中長期の増税には大きな差はない。2010年代半ばまでに消費税を段階的に10%まで引き上げる、との政府方針をおおむね支持。一方で消費税増税と表裏の関係にある年金・医療改革に関する具体策への言及はほとんどない」と書かれている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]

(もりのぶ しげき)法学博士。東京財団上席研究員、政府税制調査会専門家委員会特別委員。1973年京都大学法学部卒業後、大蔵省入省、主税局総務課長、東京税関長、2004年プリンストン大学で教鞭をとり、財務省財務総合研究所長を最後に退官。その間大阪大学教授、東京大学客員教授。主な著書に、『日本の税制 何が問題か』(岩波書店)『どうなる?どうする!共通番号』(共著、日本経済新聞出版社)『給付つき税額控除』(共著、中央経済社)『抜本的税制改革と消費税』(大蔵財務協会)『日本が生まれ変わる税制改革』(中公新書)など。
 

 


森信茂樹の目覚めよ!納税者

税と社会保障の一体改革は、政治の大テーマとなりつつある。そもそも税・社会保障の形は、国のかたちそのものである。財務省出身で税理論、実務ともに知り抜いた筆者が、独自の視点で、財政、税制、それに関わる政治の動きを、批判的・建設的に評論し、政策提言を行う。

「森信茂樹の目覚めよ!納税者」

⇒バックナンバー一覧