ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
こだわり蕎麦屋めぐり
【第2回】 2011年9月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
鎌 富志治 [夢ハコンサルティング代表]

巣鴨「菊谷」――“利き蕎麦”でちょんと摘む肴、蕎麦屋の本懐ここにあり

1
nextpage

普通っぽく見せて、中身はすごいと蕎麦通を唸らせる巣鴨「菊谷」。連載2回目となる今回は、とげぬき地蔵通りに突如現れた人気店を紹介する。蕎麦の香りを「聞き」、味わいを「利き」、懐かしい下町風情のもてなしが滲みいるようだ。

新しいのにどこか懐かしい
100年続いてきたような店を目指したい

 巣鴨地蔵通りは、別名をとげぬき地蔵通りといい、10年ほど前からおばあちゃんの原宿と呼ばれてきた。最近では「何が面白いのか」と物見客が多く、平日にも様々な年代層で賑わう。

とげぬき地蔵で人気となった商店街、平日でも多くの人が訪れる。

 巣鴨駅からとげぬき地蔵通りに入り、とげぬき地蔵(高岩寺)を参拝した後、名物のお菓子屋、朝獲れの野菜を並べる八百屋、一夜干しのある乾物屋などをひやかしながらのんびり歩いていくと、ちょうど人の賑わいが途切れるあたりに「菊谷」の看板が見える。

 開業以来6年間、石神井公園で人気を取ってきた「菊谷」だが、この6月に巣鴨に移ってきた。テーラーを営んでいた実家を改築して、蕎麦屋を再開店したのだ。

この6月に巣鴨へ移転。新店舗はテーラーを営んでいた実家を改築した。

 都内近くに住む菊谷ファンは近くなったと大喜びしている。反対に移られたほうはがっかりだが、そうもしてられないようでわざわざ石神井公園から出かけてくる客も多いという。

 外観のイメージは石神井公園にあった頃からさほど変わらない。店内は木を中心とした造作で、落ち着いた雰囲気だ。

 亭主の菊谷修さんは、店のコンセプトをこう語る。

 「流行の和風モダンや古民家風の造りはこの町にそぐわないし、自分の目指す蕎麦屋とは違う。普通っぽい、奇をてらわない店。新しいけれど昔からあったような店。50年、いえ、200年も続いてきたような趣のある店。そんな“新老舗”のようなものを目指せたら……」。

 “普通だけど中身は凄い”、そんな蕎麦屋の核心を突くものを作り上げて行きたい――。その何気ない顔の奥に潜む、思いがけない刺激が、どうやら「菊谷」に客が集まる理由のようだ。

栗の木を使ったテーブル。年月を経るごとに店に味わいを作ってくれる。厨房近くにはカウンターもあり、1人でも気軽に寄れる。木をふんだんに使った造作、質感のある塗り壁。ふと、江戸の匂いがする。
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


鎌 富志治 [夢ハコンサルティング代表]

大手広告代理店で営業局長やプロモーション局長を歴任後、東京・神田須田町で手打ち蕎麦屋「夢八」を開店する(現在は閉店)。現在は企業経営コンサルタント、蕎麦コンサルタントとして活躍中。著書に『こだわり蕎麦屋の始め方』(ダイヤモンド社)がある。
◎ブログ:蕎麦の散歩道


こだわり蕎麦屋めぐり

酒と料理と極上の蕎麦。思わず誰かを連れて行きたくなる、五つ星のもてなしが楽しめる手打ち蕎麦屋。蕎麦が美味いのは当たり前、さらにはそこでしか味わえない料理ともてなしがある店ばかりを厳選。付き合いや接待に良し、大事な人と大事な日に行くも良し。店主がこだわり抜いた極上店の魅力とその楽しみ方を紹介する。

「こだわり蕎麦屋めぐり」

⇒バックナンバー一覧