ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新人編集者ムラタの××日記
【第15回】 2011年9月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

芽を出すのに必要なのは、栄養と意思。
8月29日(月)~ 9月4日(日)

1
nextpage

情報が氾濫する現代、取捨選択の能力こそが求められるスキルです。取捨選択の余地もないムラタ日記、秋のイケメン祭り開催中です。好評であれば、会社を飛び出して業界のイケメンを撮りにムラタがうかがいます。
 

会社に戻るまでが出張

 今週、この日記の編集担当C鉢が京都出張に行くという情報を入手した。仕事であろうと、遊びであろうと、関東を出る人間がいればとりあえずお土産を頼まないわけにはいかない。ということで、C鉢にお土産希望メールを送付したところ、本当に買ってきてもらえた。予想外の展開。

 帰京したC鉢から渡されたのは、おいしそうなマンゴープリン。八つ橋を期待していたので「京都なのになぜマンゴー?」と若干の疑問を持ちながら、でもちょっとうれしい気持ちもあって素直に御礼を伝えたところ、パっと見せられた裏面がこちら。

 販売者欄に目をやると、なぜかそこには「横浜市港北区」の文字が……「うん、新横浜の駅で買った」。そもそも表にも横浜中華街の名店「聘珍樓」の文字が。会社のある渋谷から1時間足らずでたどり着いてしまう土地、それが新横浜。「プリン」を漢字で「布旬」になるという知識を学べただけ「まぁ良いかな」と納得したい、いやせざるを得ない。そんな思いのままで聘珍樓のマンゴープリンを口にした。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
どうすれば、売れるのか?

どうすれば、売れるのか?

木暮太一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
売れるものには、法則がある!ヒット商品・話題のサービス、人気コンテンツ、行列のできる店…似たように見えるのに、なぜ売れるものと売れないものがあるのか?著書累計150万部、リクルート×サイバーエージェント×富士フイルムで学んだ、センスに頼らず、繰り返し人の心を動かす究極のメソッド。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、4/16~4/22)



新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

1985年東京都生まれ。2009年、ダイヤモンド社入社。以後2年間は営業部に所属。営業マンとして主に神奈川県、新潟県を担当。2011年春の人事異動にともない、書籍編集局第二編集部に配属。


新人編集者ムラタの××日記

2011年4月、ダイヤモンド社書籍編集局に大型新人が配属された。
彼の名はムラタ。2009年入社から営業部で書店営業を担当してきた彼が、全く異なる職種である書籍編集の部署で、何をどう感じ、どんなふうに自分らしい仕事のしかたを見つけていくのか。
本連載は、一人の若手編集者が様々な壁にぶちあたりながら成長していく過程を自ら日記形式でしたためていくものです(予定)。あたたかい目で見守っていただけましたら幸いです。

「新人編集者ムラタの××日記」

⇒バックナンバー一覧