未だにスマホを持たずガラケーにこだわるのは「文系脳」の証拠?(※イメージ写真)

 今、時代は人工知能(AI)の普及で大動乱の時代を迎えつつある。そんな中で、どんな人材が生き残っていけるのか? そのカギは「理系脳」にあるという。元マイクロソフト社長成毛眞が、著書『理系脳で考える』で明かした、「理系脳」と「文系脳」を見分ける簡単な方法とは?

 どんなスマートフォンを使っているかは、文系脳であるかそうでないかを測る格好の指標である。2017年5月中旬時点で、購入できるiPhoneの最新版は「iPhone7」である。すでにiPhone8や9の噂も出始めている。

 それなのに、使っているのが「iPhone5」という人がいたならば、それは間違いなく文系脳だ。

 理系脳は新しいものが好きで、それによる世の中や身の回りの変化が大好きだ。

 新しいものといっても、近所にできたラーメン店とか、デビューしたてのアイドルグループのことではない。STEMと呼ばれる分野の話だ。STEMとは、サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、マスマティクス(数学)の頭文字。いわゆる科学技術のことだ。だからもしも、新しいラーメン店がサイエンスを駆使した、他に類を見ない出汁の取り方をしていたり、アイドルのライブに最新のテクノロジーが使われたりしていたら、それはSTEM的な新しいものといってもいいだろう。

 STEM的な新しいものには、新しいサービスや製品も含まれる。スマホ、SNS、ドローン、セグウェイ、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、AI……とにかく新しいものは試さずにはいられないのが先天的理系脳だ。