ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
DIAMOND Career Market
ワークス研究所の労働市場最前線
【第20回】 2011年10月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
戸田淳仁 [リクルートワークス研究所研究員]

近未来予測!2020年の雇用情勢・労働市場
発想を転換し暗い未来を明るく変える

1
nextpage

 「人口が減少し、膨大な財政赤字を抱え、経済も低迷し続ける。会社の業績も上がらないので、給料も増えてない。下手をすればリストラの憂き目に会うかもしれない。こんな世の中で住宅ローンや子供の教育費をどうすればいいのか……」

 将来に対して、このような不安を持っている人は多いのではないだろうか。確かにこのような不安を持ち、世の中に閉そく感が漂っている理由はいくつか存在する。日本は先進国の中でも人口減少社会を先取りし、人口減少の中でどうやって社会保障制度を持続させるかについて議論されている。さらには、「失われた20年」と呼ばれるように経済は低迷し続け、今後大きく成長する見込みも、今のところ見当たらない。このままが続くと未来はどうなってしまうのだろうか。

 ワークス研究所では、2020年の労働市場や失業率、産業構造の予測を試みた。残念ながら普通に予測を行うだけでは、未来は暗いという結論になる。そこで我々は暗い未来の中でどれだけ希望の兆しがあるのかについて探ってみた。以下では予測の成果をご紹介しつつ、暗い未来を変えていくためには、何をすればいいのかについて考えてみたい。

2020年を特徴付ける3つのポイント

 早速ではあるが、2020年予測結果のうち、主要なものは下記のようになる。

(1)人口減少により懸念される人手不足は起こらず、失業率はさらに高まる。
(2)製造業で働く人は減り続け、サービス業で働く人は増え続ける。
(3)団塊ジュニアに関する人材マネジメントが、企業にとって大きな課題になる。

 それぞれについて説明したい。

 まず、(1)について2010年の失業率が5.1%であるが、それが2020年には6.6%まで上昇する。失業率は0.1ポイント動いただけで6~7万人の失業者の増減をするので、10年間で1.5ポイントも上昇すると、これは大きな変化である。さらに、日本では戦後の混乱期やそれ以前を除いて、いまだかつて失業率が6%を超えたことはないので、それだけ2020年の雇用は厳しくなるといわざるをえない。

1
nextpage
DIAMOND Career Market
Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事


DOLSpecial

underline
CareerMarketの記事

戸田淳仁 [リクルートワークス研究所研究員]

(とだ あきひと)2008年慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了後、リクルート入社。同年4月より現職。大卒求人倍率調査、雇用の現状などを担当。専門は労働経済学。


ワークス研究所の労働市場最前線

超就職氷河期、非正規社員の比率の高まり、社内教育制度の限界など日本の労働市場は、大きな転換期にある。労働市場の研究所として名高いリクルート社のワークス研究所の研究員が、就職、転職、キャリアパス、制度問題など、労働市場を360度の視点から縦横に分析する。

「ワークス研究所の労働市場最前線」

⇒バックナンバー一覧