ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

スマホからアプリが消える日――web化していくスマートフォンの未来

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第11回】 2011年11月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

 一方、こうしたAdobeの動きに、アップルは当初から猛烈に反対していた。彼らが反対した主な理由は、Flashが端末のマシンパワーを消費しすぎること。いくら高性能化が進んだとはいえ、PCと比べたらスマートフォンは性能面で劣るし、不足しがちな計算機資源をフルに消費したら、電力消費にも悪影響を及ぼす。

 Adobeはこれまで、こうした声を受け止めつつも、モバイル版Flashの開発を続け、Androidやブラックベリー向けに製品を提供してきた。市場に一定のニーズが存在することはもちろんだが、モバイル版Flashが実現しないとなると、同社がこれまでWebの世界で気づいてきた「デファクト技術の宗主」という地位が、毀損されかねないからだ。

 それでもAdobeは、今回のリリースをもって、開発の終了を宣言した。その理由として彼らが挙げたのは、HTML5の普及である。

 一般にHTML5は、「Webサイトを構築するための記述言語であるHTMLの最新版」と認識されやすい。確かにそうした説明も間違いではないのだが、実際にはWeb技術の高度化に伴い、従来の「Webページを作る」といったパラダイムから、マルチメディア処理等の高度な技術を実現する総合技術として考えた方が、正しいかもしれない。

 このHTML5を、アップルやGoogleは以前から積極的に推進してきた。といってもHTML5は、W3Cという標準化団体で定められた、誰でも自由に使える技術である。彼らがAdobeと反目してHTML5を使って我田引水したいというのではなく、処理効率の高さや汎用性から、技術の標準がそちらに向かうであろうことを見越した上での対応だろう。

 その結果、スマートフォンのHTML5対応はもちろん、PCベースのインターネットでもHTML5に対応したWebブラウザが広まった。結果として、Adobeが考えていたパラダイムが、より自由でオープンな形で実現したということだろう。

進むスマートフォンのWeb化

 ところで、このHTML5化の流れを、別の見方で読み解くこともできる。それは、スマートフォン・コンテンツのWebアプリ化である。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧