ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

スマホからアプリが消える日――web化していくスマートフォンの未来

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第11回】 2011年11月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

 これまでスマートフォンのコンテンツやサービスは、ネイティブ・アプリ(いわゆるアプリ)とWebアプリ(Webブラウザを介して表現されるもの)ものの、二つの形態で提供されてきた。このうち前者は、それが稼働している間はスマートフォンの計算機資源を優先的に使えること、またサービスの世界観を作り込みやすいことなどから、これまで提供側に広く好まれてきた。

 このアプリの興隆を後押ししたのは、OSベンダー(アップルやGoogle)が提供するプラットフォームだ。アプリを商品の流通単位として、そこに課金をすることで、普及促進とマネタイズ機会を提供し、スマートフォンのエコシステム(生態系)は彼ら主導で構築されてきたともいえる。

 しかし、ここまでアプリの世界が広がったことで、逆に課題も顕在化してきた。

 まず、開発の難易度の問題。アプリは読んで字の如く、スマートフォン上で動くアプリケーションである。そのためアプリ開発には、一定のプログラミング・スキルが要求される。しかし、腕利きのエンジニアは、世の中にそうそういるわけではない。またAndroid端末の場合、端末のスペックも機種ごとにまちまちだったり、アプリが端末の性能をフルに使い切れない仕様(使い切るにはより高度なチューニングが必要)となっている。

 セキュリティの問題もある。アプリをインストールするというのは、スマートフォンという端末のシステムに、それなりのインパクトを与えるということである。特にそのアプリが通信機能を有するとなれば(有していない方が少ないはずだが)、セキュリティの観点からすれば「穴が開く」ということに等しい。前回の連載でも触れた通り、たとえばプライバシー情報がダダ漏れとなるリスクが生じる、ということだ。

 サービスを提供する側からも、課題が見えてきていた。前述したプラットフォームを介さなければアプリが提供できないというのは、事業者にとってみれば不便極まりない。また彼らに「上前」をはねられるとなれば、そもそもビジネスとして成立しないケースも出てくる。さらに、プラットフォーム事業者たちがきちんとメンテナンスできるのかといえば、世界規模でアプリが押し寄せる現在、アップルやGoogleといえども不可能である。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧