ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
選ばれる人になるための習慣
【最終回】 2011年11月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
門田由貴子 [組織変革コンサルタント、キャリアカウンセラー。株式会社エトス代表取締役。 ]

「勝ちぐせ」をつけて、「選ばれ続ける人」になる!

1
nextpage

「選ばれる人」から、「選ばれ続ける人」へ

 この連載では、第1回「人生は、毎日がオーディション」という切り口から始まり、ヤリガイのあるいい仕事を手に入れるために、社内オーディションで「選ばれる」条件をご紹介してきました。

 第6回ではチャンスの見つけ方を、第7回ではチャンスを実力と実績に変える方法をご説明して、今回がいよいよ最終回です。そこで最後は、チャンスを一度だけではなく何度も繰り返しつかんで、「選ばれ続ける人」になる方法をご紹介していきましょう。

なぜ彼が担当する仕事は、次々にうまくいくのか?

 「御社では、担当する仕事を次々に成功させて、高い業績を上げる人がいらっしゃいますか?」

 組織変革や人材開発をテーマにしたコンサルティングを受託すると、よく私はその企業で「ハイパフォーマー(高い業績を上げている人)」と呼ばれている人たちに関してインタビュー調査をしていきます。

 「ハイパフォーマー」の仕事ぶりや、判断する際の考え方などを詳しく分析してみて、その業務で高い実績を出すポイントである暗黙知を見出すことがその目的です。そのポイントを明らかにして、「デキる人だけがやっている秘密の方法」を、「みんなが同じようにうまくできる標準的な方法」に変換して、それを社内で普及させれば、その会社全体の業績を高めることができるのです。

 ある一定以上の規模の会社では、周囲の誰もが認める「ハイパフォーマー」がいます。創業まもない小企業の場合は、社長自身が「ハイパフォーマー」であるケースも見受けられます。そして彼らは、同僚たちから、このように思われているようです。

 「なぜ、彼が担当する仕事は、次々にうまくいくのか?」

 「ハイパフォーマー」だからこそ、次のチャンスを引き寄せやすくなるし、同時にチャンスを引き寄せるのがうまいから、「ハイパフォーマー」として活躍し続けられるようです。

 とはいえ、ずっと「ハイパフォーマー」であり続ける人たちの中には、他の人が知らない秘密が存在していることがわかりました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
どうすれば、売れるのか?

どうすれば、売れるのか?

木暮太一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
売れるものには、法則がある!ヒット商品・話題のサービス、人気コンテンツ、行列のできる店…似たように見えるのに、なぜ売れるものと売れないものがあるのか?著書累計150万部、リクルート×サイバーエージェント×富士フイルムで学んだ、センスに頼らず、繰り返し人の心を動かす究極のメソッド。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、4/16~4/22)



門田 由貴子 [組織変革コンサルタント、キャリアカウンセラー。株式会社エトス代表取締役。 ]

主に大手企業で、人と組織の問題を1時間で見抜き、劇的に能力と業績を向上させるコンサルティングを手掛けている。経営幹部研修・管理職研修など、毎年2000人以上のビジネスリーダーの育成で定評がある。個人向けのキャリアカウンセリング面談や、ビジネススキル系セミナーも好評実施中。 NEC(日本電気株式会社)勤務時代は、自ら企画主導したプロジェクトの成果で、「功績賞」「社長賞」を相次いで受賞し、コンサルティング部門では売上№1を達成。日本経営品質賞主任審査員を経て、2003年に独立。著書の『ザ・チェンジ!人と職場がガラリと変わる12週間プログラム』(フォレスト出版)は、日本創造学会の著作賞を受賞。『選ばれる人になる34の習慣』(ダイヤモンド社)を9月30日に上梓。


選ばれる人になるための習慣

「選ばれる人になるための習慣」

⇒バックナンバー一覧