東京・山谷、大阪・西成と並んで「日本三大ドヤ街」とも言われる横浜・寿地区。オシャレな港町のほど近くにあるそこでは、白昼堂々と違法賭博場が営業しており、ヤクザと思しき男性たちが闊歩している有様で、緊張を強いられる取材だった。(フリージャーナリスト 秋山謙一郎)

路上には高級車とコワモテのヤクザ
白昼の異境、横浜・寿地区

横浜の人気商業エリアのすぐそばにある「寿地区」。華やかな港町のイメージとは打って変わり、昼間からさびれた雰囲気が漂っていた。                        photo by Kenichirou Akiyama(以下同)

 そこに一歩足を踏み入れたその瞬間から、空気が一変する──。

 JR東京駅からだと約40分、JR横浜駅からだと約6分、大船方面を目指して電車に乗り、石川町駅を降りた横浜・中華街の近くに、東京の山谷、大阪の西成と並ぶ、“日本3大ドヤ街”の一つ、横浜・寿町がある。周辺の扇町や松影町を含めて「寿地区」とも呼ばれる。

 寿地区は、戦前、横浜大空襲により一帯が焼け野原となった。戦後、米軍に接収され、1950年の朝鮮戦争勃発で米軍の軍需輸送が増えたことをきっかけに、日雇い労働者たちが集まってくるようになったと言われている。

 寿地区を歩いていると、港町ということもあってか、港湾関係の企業の看板が目立つ。実際、集まってくる労働者たちも港湾作業に従事する人たちが多いという。ここが、建設作業員の集まる山谷や西成との違いだ。

 山谷は今、行政が把握している「ホームレス・セブン」と呼ばれる「玉姫公園」(台東区)に寝泊りしている7人のホームレスと、「いろは商店街」を根城としているごく数人の人たちしか野宿者はおらず、年々、人も少なくなってきた(こちらの記事を参照)。

 他方、西日本最大のスラム街といわれる西成は、行政による対策もむなしく、町を歩けばホームレスが今なお、たむろしている。まだ日の高い日中から、路上での飲酒、ケンカ、賭博といった行為が平然と行われ、いつでも、どこでも殺伐とした雰囲気が漂っている。だが、不思議なことに、カラッとした殺伐さ、とでも言うべきか、独特の明るさも持った街だ。

 ところが、ここ横浜の寿地区では、ホームレスを見かけることはない。見かけるのは高齢者と港湾作業員、バックパッカーの外国人や、ごく一般のビジネスパーソンといった面々ばかりだ。しかし町の雰囲気は暗く重い。そして、ピリピリとした緊張感が辺りを覆っている。

 それはそうだろう。路上に目をやれば、ピカピカに磨かれた高級車が数台止まっており、その周囲には仕立てのいい、一目で高級品とわかるスーツに身を包み、手入れの行き届いた短髪に眼光鋭い男たち2、3人が立っている。

 “寿地区価格”である100円の缶ジュース自販機前で、地元民と思しき年配男性に聞いた。すると年配男性は怪訝な表情を隠さず、こう言った。

「そりゃあ“プロの人”だろ…。あんまり、そういうこと聞かないほうがいいよ」

 地元民何人かの話によると、ここ寿地区では、いわゆる「ノミ行為」を行う違法賭博の店がいくつかあり、その関連で「“プロの人”がやってくるのだろう」ということだった。