ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
2011年12月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
陰山英男 [立命館大学教授]

自分が話したいことを30秒にまとめる!
実践で役立つトレーニングと身体を英語に慣れさせる方法
陰山英男の英語学習「再入門」(後編)

1
nextpage

陰山英男氏が50歳から始めた英語再学習。その中で自ら編み出したオリジナル学習メソッドのエッセンスを2日連続で紹介します。後編の今回は、より実践的なトレーニング方法と、身近なものを使って日常的に英語に身体を慣れさせるためのアドバイスです。

話したいことを30秒にまとめ、
暗記し暗唱する 

 自分の英語を実用レベルにするには、脳が瞬時に英語に対応できるかどうかがカギ。質問されたとき、意見を述べたいとき、瞬時に英語が口にできることが重要です。

 学習というのは脳を上手に使うトレーニングであって、その最も主要な部分は高速に動かすということ。だから英語ができるようになるということは、脳の英語領域の動かし方を高速化するということだと僕は考えています。

 実践で即役に立つトレーニングの一例を紹介します。自分が話したいことをあらかじめ30秒にまとめて暗記、暗唱するというトレーニングです。

 30秒は人間が話すときにちょうどよいまとまりの時間です。ちなみに、日本語で1分間に話せる内容は、400字詰め原稿用紙にすると約1枚分です。1分は、普段の会話では案外長く感じるものです。だからここでは、その半分の30秒、つまり日本語にして200字程度の内容を英語に訳し、まとめて覚えてしまうのです。

 たとえば僕の場合、「What is the most important aspect of your method?(あなたの教育メソッドで最も重要な特徴はなんですか?)」と聞かれることが非常に多いので、次のような文章をよく使います。

最も重要なことの1つは、それぞれの科目のとても基礎的な部分を勉強することです。もう1つは、いわゆるイメージトレーニングです。
脳の「理解」と「記憶」を司る部分の間には、「イメージ」を司る部分があります。もし脳のこの部分をトレーニングすれば、「理解」と「記憶」がかなり簡単になります。(140字)

One of the most important things / is to study the very basic part of each subject. / Another important thing is what I call "Image Training".
Between the parts of your brain that are in charge of "understanding" and "memorizing", / there is a part that is in charge of "imagining". / If you train this section of your brain, / then "memorizing" and "understanding" becomes much easier.

 話す内容は自己紹介でも仕事の要点でも何でも構いません。自分の話したいこと、仕事で必要なことなどをまとめます。原稿用紙半分の200字以内を目安に日本語で書き、そしてそれを英語に訳しましょう。200字を超えると聞く方にとっても長いし、暗記するのも大変です。なるべく短くまとめたいもの。

 文がまとまったら英語に訳すのですが、まずは自分で訳してみて、それからネイティブやそれに近い人に間違いを直してもらうと安心です。でも、そういう人が身近にいないという人も多いはず。そういう場合は、自分オリジナルの英訳のままでかまいません。間違っている部分があっても、実際に聞いた人にどんどん直してもらえばいいんですから。

 最初から完璧な英語にしよう、完璧に話そうなんて思わないことです。できることから、できる範囲でやっていけばいいんです。実は、そうすることで得られるメリットもあるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


陰山英男 [立命館大学教授]

1958年兵庫県生まれ。岡山大学法学部卒。兵庫県朝来町立(現朝来市立)山口小学校教師時代から、反復学習で基礎学力の向上を目指す「陰山メソッド」を確立し脚光を浴びる。2003年4月尾道市立土堂小学校 校長に全国公募により就任。百ます計算や漢字練習の反復学習を続け基礎学力の向上に取り組む一方、そろばん指導やコンピューターの活用など新旧を問わず積極的に導入する教育法によって子どもたちの学力向上を実現している。2006年4月から立命館大学 教授(立命館小学校 副校長 兼任)に就任。 現在は、立命館大学 教育開発推進機構 教授(立命館小学校 校長顧問 兼任)。過去には、文部科学省・中央教育審議会 教育課程部会委員、大阪府教育委員会委員長にも就任。主な著書に、『陰山手帳』(ダイヤモンド社)『学力は1年で伸びる!』(朝日新聞出版)、『若き教師のための授業学』(日本標準)、『本当の学力をつける本』(文春文庫)、『陰山メソッド たったこれだけプリント』(小学館)ほか多数。
著者ウェブサイト http://kageyamahideo.com/

 


エディターズ・チョイス

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

「エディターズ・チョイス」

⇒バックナンバー一覧