ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

つながらない、邪魔する、つながせない、あぶない…スマホ普及とオフロード需要爆発で露見する「Wi-Fiの罠」

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第13回】 2011年12月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「どうにも最近、街中でWi-Fiがつながらない」

 今年後半になってよく耳にするようになった言葉だ。私の周囲でもそんな話をする機会が増えたし、なにより東京都内の喫茶店でこの原稿を書いているのだが、本来提供されているはずのWi-Fiが、現在つながらない状態である。

 基地局は見えている。電波も強いと表示されている。同僚はスマートフォンで接続できている。だから基地局が故障しているというわけではなさそうだ。しかし私がPCでWebブラウザを開こうとすると、やたらと遅かったり、あるいは接続が切れたりする。

 私自身は、公衆無線LANサービスによるパソコンでのネット接続を、かれこれ5年以上愛用してきた。サラリーマン時代からいわゆるノマド的なワークスタイルを続けてきており、重いファイル添付のやりとりやWebサービスをサクサク使うためには、3G回線だけでは物足りなかったからだ。

 そうした経験を踏まえた体感として、今年の夏くらいから、公衆無線LANサービスがとにかくつながりにくいと感じるようになった。あまりにつながらないため、同サービスを提供する喫茶店にせっかく入ったのに、やむを得ずその物足りない3G回線を使うことも、珍しくなくなった。

つながらないWi-Fi

 なぜWi-Fiがつながらないのか。理由の一つは、スマートフォンの台頭による急激な需給ギャップの拡大があるだろう。スマートフォンによるWi-Fi利用が今年に入ってから猛烈に増え、従来のWi-Fi基地局の供給量を大きく超過しているということである。

 実際、これだけ台数が増え、3G回線も混雑している。ある程度のITリテラシーを有する利用者であれば、Wi-Fiの利用を検討するだろう。特にスマートフォンは、従来のフィーチャーフォンのように片手で使うよりは、両手の方が使いやすい。となれば、どこかに腰掛けて使いたくなるというもの。喫茶店やファストフード店等での利用は、馴染みやすい。

次のページ>> 邪魔をするWi-Fi
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

クロサカタツヤ[株式会社 企/株式会社TNC 代表]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧