ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
面接の達人
【第5回】 2012年1月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
中谷彰宏 [作家]

たいしたこともしていないし、
やりたいこともわからない場合、
どうすればいいのか

1
nextpage

就活本のロングセラー『面接の達人』。面接対策本として多くの学生に支持されてきた「メンタツ」の本文から構成して連載をお届けします。第5回の今回は、第4章「練習で通る人 練習で落ちる人」から一部を掲載いたします。

たいしたこともしていないし、やりたいこともわからない場合は

  自己紹介と志望動機を、練習で言わせてみると、まずしどろもどろになって、メロメロになる。実際には、それを、本番でやってしまうところだったのだ。
  「昨日、家でやったときは、できたんだけどな。おかしいな」
と言う。家でやってみたときは、できたような気がしたのに、本番ではできなかった、という失敗も、面接では多い。

  なぜかというと、なんとなく言えたような気がしていただけで、本当は、言えていなかったのである。できたような気がしていただけで、実は、できていなかったのである。

  練習するときは、いきなり、口で話してみるよりも、書いてみること。実際に書いてみると、これがなかなか書けないことに気がつくはずだ。
  じっくり時間をかけて書けないものが、スラスラと言えるわけがないのだ。

  書いてみるときのメドは、
  「自己紹介と志望動機を、それぞれ150字で書く」
  ということを、目標にしてみる。
  150字というのは、アナウンサーが話す時間に直すと、30秒分だ。
  「どうして、そんなに短く書かなければならないのですか。面接時間は、短いとはいえ、最低10分はあるでしょう」
  と言う。これが大きな誤解なのだ。10分のうち、面接官も黙っているわけではない。相手が5人で、こちらが1人という場合もある。面接官の喋る時間も含めて10分なのだ。
  志望者に与えられた時間は、甘く見積もっても、5分がいいところだ。
  その中で、自己紹介と志望動機を、言わなければならないのだ。
  それぐらい短いのだから、自己紹介と志望動機以外は、言わなくていいのだ。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


中谷彰宏 [作家]

1959年4月14日、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務所設立。ベストセラー「面接の達人」シリーズを含め、著書多数。中谷彰宏公式ホームページ
ダイヤモンド社の中谷彰宏の本


面接の達人

「面接の達人」

⇒バックナンバー一覧