ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新人編集者ムラタの××日記
【第31回】 2012年1月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

男子校という異世界。
1月16日(月)~1月22日(日)

1
nextpage

あえて差し障りのないネタを提供することで、炎上から身を守り続けているムラタ日記、今週も更新です。なんという覚悟。とはいえ、「閣下から賞をいただけるのであればもらってやる」(ムラタ談)とのことです。

悲喜こもごもの男子校ライフ

 じつは先週、このムラタ日記は記念すべき30回目の連載を迎えていたそうです。毎週毎週、誰のためにもならない話を書き続けることがすでに生活の一部となってしまいました。決してムダな生活をしているわけではなく、あえてそういう話をピックアップしている、はずです。

 早速ですが、今週も身のない話から。少し前の編集会議で結婚の話題になり、「男子校出身者は結婚できないらしい」という指摘をされたことがありました。何を隠そう、第2編集部の独身貴族であるY田(『自分のアタマで考えよう』編集担当)と私は男子校の出身者。

 人格形成に重要な思春期をあの異空間で過ごしたと知り、ほかにはない親近感を覚えていましたが、今週その期待を見事に裏切られました。そう、Y田は中学時代を共学で過ごしていたのです。中学から男子校生活の私にとって、それは雲泥の差。キャビアと「とんぶり」くらい違います。

 2人の子どもを抱えるママさん編集者K村(『「投資で失敗したくない」と思ったら、まず読む本』編集担当)と3人で、ひょんなことから同窓会の話になり、その事実が発覚。そこからは、中学から男子校という環境の特殊性を語ることに。涙なくしては語れません。

 男子校出身者には共感いただけると信じていますが、男だけで6年間の生活という死線をくぐり抜けた盟友同士、卒業して何年経っても壁がなく、機会があれば集まっています。医者もフリーターも関係なく一緒に。共学への拭い去れない悔しさはあるにせよ、意外と楽しかったことは間違いありません。

 たまたま見かけた『男子校という選択』(日本経済新聞出版社)の内容をみて、うなずくことばかり。「共学や女子校育ちには決してわからない、「知られざる男の園」を徹底解剖する」というコピーには思わず笑ってしまいました(笑)。

 たしかに、格好付けるべき対象がいないので、オタク気質なヤンキーがいたり、果てしないバカのできるイケメンがいたりと、変なプライドを持つ必要のない良さはあったと思います。ただ、晩婚化の昨今、自分の子どもを入学させるかどうかは熟慮したいところ。

次のページ>> 非常識なほうが面白い
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


新人編集者ムラタ [ダイヤモンド社書籍編集局]

1985年東京都生まれ。2009年、ダイヤモンド社入社。以後2年間は営業部に所属。営業マンとして主に神奈川県、新潟県を担当。2011年春の人事異動にともない、書籍編集局第二編集部に配属。


新人編集者ムラタの××日記

2011年4月、ダイヤモンド社書籍編集局に大型新人が配属された。
彼の名はムラタ。2009年入社から営業部で書店営業を担当してきた彼が、全く異なる職種である書籍編集の部署で、何をどう感じ、どんなふうに自分らしい仕事のしかたを見つけていくのか。
本連載は、一人の若手編集者が様々な壁にぶちあたりながら成長していく過程を自ら日記形式でしたためていくものです(予定)。あたたかい目で見守っていただけましたら幸いです。

「新人編集者ムラタの××日記」

⇒バックナンバー一覧