ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

メシが食えるだけじゃ人は満たされない。
「人間の尊厳」を取り戻すのに必要なものとは?

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第61回】 2012年1月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 世界でも日本でも数多くの社会起業家がさまざまなソーシャル・ビジネスを立ち上げ、世界をどんどん変えていっているが、男の社会起業家がやることは理屈が先立つせいか、地味なものが多い。代表的な社会起業家でノーベル平和賞受賞者であるバングラデシュのムハマド・ユヌス氏からして、マイクロファイナンスという事業コンセプトを世界に広めた功績は偉大だが、華やかさには欠ける。

 男の社会起業家がやる事業というのは、途上国に学校を作ったり、給食を配ったり、工場を作って雇用を生み出したり、先進国ではホームレスに仕事を与えたり、生活の基盤作りに特化しているように思える。男はやはりインフラ作りが本能的に好きなのかもしれない。

 もちろん、インフラ作りは大事だし、社会問題の解決に多いに役立っていることも事実だ。しかし、人間というものはメシが食えて仕事にありつければそれでハッピーというわけでもない。社会貢献の真の目的が「人間の尊厳を取り戻す」ということだとすれば、生活の改善だけでは足りないものがある。美しさとか華やかさというものだ。

 社会貢献というと、いまだ日本の社会では美しさや華やかさとは対極のものだという意識もある。だから「女性が美しくなることがなぜ、社会貢献につながるのか?」ということについても(特に男性には)なかなか理解されない。

 しかし、たとえばいまだに女性差別がまかり通っている途上国の農村などで、13歳くらいで顔も知らない男の元に嫁に出され、その後はまさに「産む機械」「働く機械」としての人生を歩むしかなく、生まれてから良いことはひとつもなかったというような女性に「今、一番やりたいことは何ですか?」と質問すると「化粧をしてみたい」と答える。このような事実ひとつを知るだけで、「美しさ」が女性の尊厳にどれほど深く関わっているか、理解できるだろう。

「マザーハウス」の山口絵里子さんや「HASUNA」の白木夏子さんなど、女性の社会起業家にはファッション関連の事業を興す人が多いのは、単に女性だからファッションという短絡的な理由ではないと思う。美と人間の尊厳の関係性を、本能的に理解しているからではないかと思っている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧