ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

乱気流時代の鉄則は
「機会には糧食を与え問題からは糧食を絶て」

上田惇生
【第277回】 2012年2月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
【絶版】

 「資源を成果に向けて集中することほど、面倒で、評判の悪いことはない。ノーと言わなければならないからである」(『乱気流時代の経営』)

 資源を生産的な仕事に集中して、初めて生産性を上げることができる。逆に、資源の分散は、成果を上げることを不可能にする。

 そこで、ドラッカーは、集中のための方策を3つ教える。

 第1は、あらゆる活動を常時見直していくために、彼が“体系的廃棄”と名づけたものを制度化することである。

 全事業について、「まだ手がけていないと仮定して、その後明らかになった新しい知見をもってしても、手をつけることは得策か」を問う。もし、答えがノーならば、「調べよう」ではなく、「どうしたらやめることができるか」を考える。そしてやめる。

 第2は、彼が“組織のウエートコントロール”と呼ぶものを制度化することである。新たな仕事を1つ手がけるごとに、すでに行なっていることを一つ捨てることにする。

 特に、このことは、本社のスタッフ部門の活動についていえる。常に、「その新しい仕事は何を切り捨てたうえで行なうつもりか」を問う。スタッフの仕事は、集中して初めて成果をもたらすものだからである。もちろん、このウエートコントロールの原則は、製品や流通チャネルなど、あらゆる活動に適用していかなければならない。

 第3は、既存の事業のための通常の事業予算に加え、ドラッカーが“機会予算”と呼ぶものを制度化することである。事業予算の各項目については、「最低限どれだけ必要か」を問い、“機会予算”については、「最大の成果を得るにはどれだけ必要か」を問う。

 機会には糧食を与え、問題からは糧食を絶てとの思想に基づくこれら3つの原則は、企業だけのためのものではない。公的機関をはじめ、あらゆる種類の組織のためのものでもある。

 「乱気流の時代にあっては、突如として襲ってくる烈風に耐えるとともに、突如として現れる予期せぬ機会を利用しなければならない。そのためには、資源を食うばかりで、非生産的な昨日のものを切り捨てていかなければならない」(『乱気流時代の経営』)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧