ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
連載経済小説 東京崩壊
【第7回】 2012年3月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
高嶋哲夫 [作家]

黒いスーツの男たち

1
nextpage
【前回までのあらすじ】

 アメリカ合衆国大統領のリチャード・アンダーソンは、同国のシンクタンクが作成したレポートを読み衝撃を受ける。「首都直下型地震により日本に100兆円を超す経済損失が生じる。日本発の経済危機は世界中に広がり、1929年の世界大恐慌の悪夢が再来。その確率は80パーセント以上」――。大統領はそのレポートを日本政府に届けるため、側近のロバート・マッカラムを日本に派遣する。

 同じ頃、東都大学理学部地震研究所の高脇健一准教授も「マグニチュード8を超える東京直下型地震が5年以内に90パーセントの確率で起こる」という調査データを得ていた。しかし、地震研究所所長はデータの公開を先送りにするという。 危機感にかられた高脇は、高校時代のクラスメートで国土交通省キャリア官僚の森嶋真に相談。データを渡された森嶋は、上司の山根課長補佐に相談するが、山根は真剣に取り合おうとしない。

 来日したロバートは、旧友の森嶋に電話し、総理との懇談の席の通訳をするよう依頼する。懇談が終わり出国するロバートを成田まで見送りに来た森嶋は、そこで偶然、知り合いの東京経済新聞記者の野田理紗に合う。理沙は森嶋と一緒にいたアメリカ人が誰だか探ろうとするが、森嶋は答えない。

 能田総理と主な閣僚たちは、ロバートから手渡された極秘レポートと地震研究所の調査データの二つのレポートを読むが、これといった対応策は思い浮かばなかった。 迫りくる危機に対して、日本政府はどう対応するつもりなのか。その答えを探るためハドソン国務長官が来日し、能田総理と会談する。国務長官は総理に回答をしつこく迫るが、総理はその質問はねつける。

 

第一章

6

 会談は30分ほどで終わった。

 急きょ決まった非公式なものなので、マスコミには世界経済に対する日米の意思確認程度に思われている。政府もあえて否定しなかった。

 ハドソン国務長官とロバートは、そのままホテルに帰って行った。

 送って行こうと言うロバートの言葉を断わって、森嶋は総理官邸から歩いて国交省まで帰った。

 森嶋は部屋中の視線を意識しながら自分のデスクに戻った。

 上司の山根も何も言わない。会談の内容や様子は、すでに報告されているのだろう。

 ここ数時間の出来事を思い出そうとしたが、断片的な記憶しか浮かんでこない。意識している以上に緊張していたのだ。

 「レポート は、いずれマスコミに漏れます。ヘッジファンドも格付け会社も動き出すでしょう。為替、株価、国債に影響が出ます。それまでに有効な手段をとっておかないと、マスコミが書きたてるだけで世界経済の破綻の引き金になります」

 国務長官の言葉が頭に浮かんだ。地震は回避できない。では、「有効な手段」とは何なのだ。

 ロバートが自分を見つめる目を思い出した。彼は何を言いたいのだ。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


高嶋哲夫 [作家]

1949年、岡山県玉野市生まれ。1969年、慶應義塾大学工学部に入学。1973年、同大学院修士課程へ。在学中、通産省(当時)の電子技術総合研究所で核融合研究を行う。1975年、同大学院修了。日本原子力研究所(現・日本原子力研究開発機構)研究員。1977年、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)へ留学。1981年、帰国。
1990年、『帰国』で第24回北日本文学賞、1994年、『メルトダウン』で第1回小説現代推理新人賞、1999年、『イントゥルーダー』で第16回サントリーミステリー大賞で大賞・読者賞など受賞多数。
日本推理作家協会、日本文芸家協会、日本文芸家クラブ会員。全国学習塾協同組合理事。原子力研究開発機構では外部広報委員長を務める。


連載経済小説 東京崩壊

この国に住み続ける限り、巨大地震は必ずくる。もし巨大地震が東京を襲ったら、首都機能は完全に麻痺し、政治と経済がストップ。その損失額は110兆円にもおよび、日本発の世界恐慌にまで至るかもしれない――。今後、日本が取るべき道は何か。その答えを探る連載経済小説。

「連載経済小説 東京崩壊」

⇒バックナンバー一覧