HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

中途失明リスク20人に1人、中高年は「緑内障」に要注意

井手ゆきえ [医学ライター]
【第410回】
10月10日は目の愛護デーPhoto:PIXTA

 眉毛と眼に見えるから、10月10日は目の愛護デー。

 いささかこじつけのようにも思えるが、1931年から続く(戦時中に一時中断)由緒ある失明予防デーである。

 日本人が人生の途中で視覚を失う原因のトップは緑内障だ。

 少々古いが、日本緑内障学会が岐阜県多治見市の住民を対象に行った疫学調査「多治見スタディ(2000~01年)」によると、40歳以上で緑内障と確定診断された人は5%だった。普通に生活している中高年の20人に1人は中途失明リスクがあるわけだ。

 緑内障は、眼から入力された情報を脳に伝達する「視神経」に障害が生じ、情報処理できない部分の「視野欠損(認識されない=見えない)」や、視野が狭まる「狭窄」が生じる病気。

 発症初期は正常な目が見え方を補うので、異常に気づきにくい。「疲れ目かなぁ」「近眼が進んだみたい」と思っているうちにじわじわ視野が欠けていく。

 視野異常以外の典型的な自覚症状は(1)階段を踏み外す、(2)距離感の異常、(3)人にぶつかりやすくなる、(4)人や自転車が急に横から飛び出してくるように感じる、などだ。情報処理できない欠損部で生じた“死角”から人や物がいきなり視野に入ってくる状態で、交通事故を起こしかねない。

 最近は、テレビの「ノイズ(砂嵐)」を利用したセルフチェックを提供するサイトも増えている。気になる方は利用してみるといいだろう。ただし、こうした症状に気づいた時は、すでに緑内障が進行している可能性が高い。

 いったん、視野が欠けてしまうと回復は不可能だ。点眼薬などで緑内障の進行リスクである眼内圧力を下げ、進行抑制するしか手がない。また眼からの「情報入力」が減ると認知症リスクが上昇する。本来なら、無症状のうちに眼の健康を確認するべきだろう。

 特に、緑内障の家族歴がある、ステロイドを服用している(いた)、糖尿病など慢性疾患がある、眼の外傷、あるいは屈折矯正術の経験があるなど発症リスクがある方は、10月10日を機に眼科の定期健診を始めるといい。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧