ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

共通の目的を持つ専門家集団が組織である

上田惇生
【第67回】 2008年6月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
ポスト資本主義社会
ダイヤモンド社刊
2000円(税別)

 「組織とは、共通の目的のために働く専門家からなる人間集団である」(『ポスト資本主義社会』)

 社会、コミュニティ、家族などの伝統的な社会集団と異なり、組織は目的をもって設計され、形成される。それは、人間の生物的必要や心理的特性に基づいて形成されるものではない。

 組織は、常にそれ自体が専門化した存在である。すべての組織が目的によって規定される。これに対し、社会、コミュニティ、家族は、言語、文化、歴史、地域など人を結び付ける絆によって規定される。

 いまやあらゆる先進社会が組織社会となった。すべてではないにしても、社会的な課題のほとんどが、組織によって遂行されている。

 組織が論じられるようになったのは第二次大戦後である。ドラッカーは、イギリスの権威ある辞書『コンサイス・オックスフォード』の1950年版にも、この言葉は、今日の意味では収載されていないという。

 政治学者や社会学者は、政府や企業、社会や部族、コミュニティや家族について論じる。しかし組織は、政治学、経済学、社会学の用語にはなっていない。

 「組織は、今日いまだに政治学者や社会学者が正常と見なしている諸々の前提には合致しない存在である。政治学者や社会学者が正常と見なしているのは、中央集権国家が支配する一元的な社会である。これに対し、すでに現実となっている組織社会は、限りなく多元的である」(『ポスト資本主義社会』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧