Digital Experience! TOP>DIAMOND online>マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー
【第14回】 2012年6月4日
著者・コラム紹介
藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

ロンドンオリンピックは、世界中の「友達」と
リアルタイムで一緒に楽しもう!

テレビとソーシャルメディアの相性が思いのほかよい理由

ソーシャルビューイングと
「ラピュタ」との深い関係

 この夏に開催されるロンドンオリンピックではこれまでとは違う新しいスポーツの楽しみ方が爆発的に普及するのではないかといわれています。

 それは「ソーシャルビューイング」です。

 2002年に日本で開催されたサッカーワールドカップでは、大勢が集まって皆で一緒にスポーツ観戦を楽しむパブリックビューイングが登場しました。そしてソーシャルメディア時代の今、新しく登場したのが「ソーシャルビューイング」というわけです。

 TwitterやFacebookなどソーシャルメディアでは、時間軸に沿ってメッセージがやりとりされるので、リアルタイムで情報が流れるテレビなどのメディアの特性との相性が非常によいといえます。

 テレビが持つ「共感の醸成」という特性と、ソーシャルメディアの「拡散性」が融合することで、自分の身のまわりの家族や友人、知人、時にはまったく見ず知らずの人とも共有したコンテンツに関するリアルタイムな会話を通じて共感を確認し、クチコミによって話題が拡散していくという、まったく新しいテレビの楽しみ方が可能になったのです。

 昨年12月にテレビ放映された映画「天空の城ラピュタ」では、主人公が「バルス!」と叫ぶ時点での瞬間最高ツイート数が毎秒2万5088回となり、一時世界記録を塗り替えたというニュースは記憶に新しいところでしょう。

 それからしばらく後の今年3月、日本テレビがテレビ画面内でFacebook上の「友達」と一緒にテレビ番組を楽しめるサービス「JoiNTV」の実証実施を行いました。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧