ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

スピード勝負の中国では5秒で意思決定すべし
自在の変化対応で毎年売上130%増達成
――渡邉兼久 オリーブ・デ・オリーブ副社長執行役員インタビュー

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第75回】 2012年6月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「OLIVE des OLIVE」(オリーブ・デ・オリーブ)は日系ヤングファッションの先がけとして2004年に中国に進出し、毎年130%以上の売上高伸長を続けるなど、アパレル企業の中国進出の成功モデルとして、常にその動向が注目されている。いまでは中国全土に150店舗を展開するまでに成長している。成功の秘訣を渡邉兼久・同社副社長に聞いた。

日系アパレルにとって
「今」を逃したら成功はない

――中国ファッション市場で、長期間事業を成長させる秘訣はどこにあるのでしょうか?

 トレンドに合わせて自社ブランドも変わっていくことがもっとも重要です。変化を続ける中国ファッション市場で、「購買力のある主力消費者がどこを向いているのか」を常にウォッチすることがポイントでしょう。

 例えば、我々が中国に進出した2004年から2009年頃まで、中国のヤングファッションをリードしていたのは韓国ブランドでした。アメリカ系カジュアルでも、日系のカワイイ系でもなく、商品デザインやVMD(ヴィジュアルマーチャンダイジング:売り場のディスプレイや商品コンセプトなどの表現方法や陳列方法)などが分かりやすい、韓国ブランドが主流でした。

 その頃中国で売れていた日系ブランドは、ミセスをターゲットに、素材や質感で勝負していたブランドだけです。この時期は、ある意味オリーブ・デ・オリーブ(以下オリーブ)も含めた多くのブランドが「いかに韓国ブランドになり切れるか」が勝負の分かれ目でした。

 しかし最近、世界各国のさまざまなファンションブランドが中国市場に流入したことで、中国人のファッションを見る目が肥えて、成熟度が高まりました。そうした流れのなかで、昨年あたりからヤングファッションで「日本のカワイイ系」に若い消費者の注目が集まっています。

 日系アパレルは、「今」を逃すと中国で成功のチャンスはないと思った方がいいでしょう。我々はこのトレンドに合わせて「ONE by olive des olive(ONE by オリーブ)」という日本企画の新ブランドを今年3月に投入しました。

 カワイイ系が数年続いた後は、「メンズ」とか「ファミリー」に流れが来るかもしれません。もしそうなったら時代に合わせて、それに合わせてわれわれも変わっていくだけのことです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧