ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インキュベーションの虚と実

なぜスゴそうな人も大ゴケするのか?
テーマで間違うスタートアップ

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第5回】 2012年6月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
8

 そもそも、元のアイデアがよくなければ話にならない。実験的にアイデアからすぐ試作する起業家もいるし、ひらめきによる起業にもよいものがあるが、それはそのアイデアの前にずいぶんとエネルギーや時間を投入した上でのことが多い。もちろん、調査や分析ばかりで実行が伴わなければ、何も起こらないし、着手しても手遅れになるが、ぱっと思いついてうまくいくほど甘くはない。

 不確実なビジネス機会には、アクティブ・ウェイティング(active waiting=臨戦待機)戦略が有効なことがある。これは、活動しながら虎視眈々と待つということだ。いつ来るか分からない機会や先が読めないアイデアに取り組むには、勢いに任せたりせず、大まかな方向を定め、可能性を探り、知恵を貯え仲間をつくり、ここぞというときに力をふるうのだ。

 また、「『自分たちは、何をしたい会社だったっけ?』と本当に忘れがちだ。迷った時に立ち戻れるものを持つことをお薦めしたい」と、あるベンチャー・キャピタリストは指摘する。このスタートアップの存在意義は何か、どこに向かって走っていくのか、まずミッション、そしてビジョンを持っておきたい。

 色々と書いてきたが、スタートアップのテーマ設定は難しい。独創的で世界を変えるようなイノベーションを志す一方で、実現性や市場ポテンシャルを追求しなければならない。しかも、初期のアイデアを練り上げることが求められる。Pinterestもベータテストを18ヵ月続けて地道にユーザー・フィードバックを得て改善を繰り返してやっと急成長に至った。大きな機会をとらえるには、大胆さと地道な繊細さの両方が求められるのだ。

 なお、冒頭で日本のコンテストで日本勢全敗を記したが、海外のコンテストで日本のスタートアップが勝った例も出ている。6月7-8日にジャカルタで開催されたStartup Asiaで、アジア中の数百社から選抜された17チームが競った決勝でMoSo, Inc.が優勝した。昨年末には、ヨーロッパ最大のスタートアップ・イベントLe WebのStartup CompetitionでCompath.meがファイナリスト16社に選ばれた。

 コンテストで勝つ=成功という訳ではないが、日本のスタートアップも質で劣るわけではない。やればできるのであり、よいテーマにどんどん取り組んでいただきたい。

previous page
8
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

本荘修二

新事業を中心に、日米の大企業・ベンチャー・投資家等のアドバイザーを務める。多摩大学(MBA)客員教授。Net Service Ventures、500 Startups、Founder Institute、始動Next Innovator、福岡県他の起業家メンター。BCG東京、米CSC、CSK/セガ・グループ大川会長付、投資育成会社General Atlantic日本代表などを経て、現在に至る。「エコシステム・マーケティング」など著書多数。訳書に『ザッポス伝説』(ダイヤモンド社))、連載に「インキュベーションの虚と実」「垣根を超える力」などがある。


インキュベーションの虚と実

今、アメリカでは“スタートアップ”と呼ばれる、ベンチャー企業が次々と生まれている。なぜなら、そうした勢いある起業家たちを育てる土壌が整っており、インキュベーターも多く、なにより、チャレンジを支援する仕組みが存在するからだ。一方の日本はどうなのだろうか。日米のベンチャー界の環境の変化や最新のトレンドについて、25年にわたってベンチャー界に身を置いてきた本荘修二氏が解説する。また日本でベンチャーが育ちにくいと言われる背景を明らかにし、改善するための処方箋も提示する。

「インキュベーションの虚と実」

⇒バックナンバー一覧