ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
個人、チーム、組織を伸ばす 目標管理の教科書
【最終回】 2012年6月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
五十嵐英憲 [五十嵐コンサルタント(株)代表取締役]

メンバーの能力を
最大限引きだすリーダーの条件

1
nextpage

『個人、チーム、組織を伸ばす 目標管理の教科書』の著者による連載の最終回は、部下がモチベーションを高め、目標達成に自律的に取り組むために必要なリーダー像と、2つの打ち手を紹介します。

マネジャーに必要な「真摯さ」とは

  連載の最終回は、目標管理(MBO-S)に取り組むリーダーの条件について考えてみましょう。
  ドラッカーは、マネジャーの資質は「真摯さ」だと述べています。
  私もそれが絶対条件だと信じていますし、折に触れて痛感します。

 私の周りで、『もしドラ』を読んだほとんどの人たちが、「真摯という言葉を重く受け止めた」、あるいは「心に響いた」と言っています。

  若い人の中には、「生まれて初めて聞いた言葉だが、ものすごく気にいった!」と興奮気味に話す人もいるくらいです。
  多くの人が真摯さに共感を抱いている証しだと思います。

 真摯とは、「真面目でひたむきな態度」であり、『黒字浮上!最終指令』の著者も、「人間主義経営」というキーワードを用いて、ドラッカーと同様の考え方を示しています
(それも当然です。『黒字浮上!最終指令』はドラッカーのMBO-Sの実践物語なのですから……)。

 では、真摯さを職場のリーダーの行動に置き換えると、具体的にはどのような行動をすることなのでしょうか。

 私は、以下の2つが大切だと考えます。

 1.「Y理論のスタンス」で自分にもメンバーにも接すること

 2.メンバーに、「ストローク」を機関銃のように打ち込むこと

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
世界標準の子育て

世界標準の子育て

船津徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
勉強ができて、人に好かれて、心の強い子が育つ! アメリカを拠点に20年以上教育に携わり、4,000人超のグローバル人材を輩出したきた著者が送る子育てノウハウ。米国、英国、北欧、アジアなど、世界各国の子育て事情をふまえて日本人向けに体系化!0歳〜18歳まで全年齢対応、子育て本の決定版です。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、7/16~7/22)



五十嵐英憲 [五十嵐コンサルタント(株)代表取締役]

1969年早稲田大学商学部卒。資生堂、リクルートを経て、教育コンサルタントとして独立。現在、五十嵐コンサルタント(株)代表取締役。(株)自己啓発協会インストラクター。専門分野はMBO-S(目標管理)研修やマネジメント・システムの構築支援活動。セミナー受講、講演受講者はのべ10万人超。著書に『個人、チーム、組織を伸ばす 目標管理の教科書』(ダイヤモンド社)などがある。


個人、チーム、組織を伸ばす 目標管理の教科書

「目標管理」は人事考課の道具じゃない! ドラッカーが提唱した「部下のヤル気を引き出し、業績を伸ばす」という、本当の目標管理(MBO-S)の実践法を解く。

「個人、チーム、組織を伸ばす 目標管理の教科書」

⇒バックナンバー一覧