ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
個人、チーム、組織を伸ばす 目標管理の教科書
【第1回】 2012年6月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
五十嵐英憲 [五十嵐コンサルタント(株)代表取締役]

目標管理は、なぜ嫌われるのか?

1
nextpage

目標管理(MBO)はドラッカーが提唱した、人を大切にするマネジメント法です。しかし、「ノルマ管理」「人事評価制度」と誤解されることが多いのも事実。そこで、『個人、チーム、組織を伸ばす 目標管理の教科書』の著者・五十嵐英憲さんにノルマ主義に陥らない正しいやり方を解説してもらいました。

「目標管理」は人事評価の代名詞?

 目標管理制度を導入している会社の人たちに、「目標管理とは何か?」と質問すると、十中八九、「“やらされ感”のともなった“人事評価の仕組み”」という冷たくシラけた答えが返ってきます。

 「それはないだろう!?」と言いたいのですが、そう受け止められても致し方ない現実があるのも事実です。

 たとえば、以下のような光景です。


年度初めに、人事評価制度の一環として、上司と部下が一対一で面接し、部下の「達成すべき目標」や「その難易度」を確認し合う(これを“握り(にぎり)”と呼ぶそうです)。

6ヵ月経ったら、再び上司と部下とが面接し、「どこまで達成できたの?」「それでこれからどうするの?」「この達成度じゃ、低い評価しか付けられない。もっと頑張らなくちゃ!」と上司がはっぱをかける。
部下は「どう考えても無理だよねぇ~」と心で呟いているが、口から出るのは「頑張ります!」「努力します!」の声。

期末には、握った目標の「難易度×達成度=貢献ポイント」という方程式で仕事の成果をはじき出し、それを使って人事評価が決定される。


 このような現実に身を置けば、誰だって、目標管理は人事評価ツールだと受け止めてしまうでしょう。

 しかし、それは「本当の目標管理」に照らせば、明らかに間違いです。
  こうした間違いのある限り、目標管理はずっと嫌われ者のまま。しかし、それではもったいない。

 なぜなら、本当の目標管理は、会社と働く人々両方が、「ともにハッピー」を実現するためのとっておきの切り札だからです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


五十嵐英憲 [五十嵐コンサルタント(株)代表取締役]

1969年早稲田大学商学部卒。資生堂、リクルートを経て、教育コンサルタントとして独立。現在、五十嵐コンサルタント(株)代表取締役。(株)自己啓発協会インストラクター。専門分野はMBO-S(目標管理)研修やマネジメント・システムの構築支援活動。セミナー受講、講演受講者はのべ10万人超。著書に『個人、チーム、組織を伸ばす 目標管理の教科書』(ダイヤモンド社)などがある。


個人、チーム、組織を伸ばす 目標管理の教科書

「目標管理」は人事考課の道具じゃない! ドラッカーが提唱した「部下のヤル気を引き出し、業績を伸ばす」という、本当の目標管理(MBO-S)の実践法を解く。

「個人、チーム、組織を伸ばす 目標管理の教科書」

⇒バックナンバー一覧