ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
なぜ「つながる」ほどに「疲れ」を感じるのか?
【第3回】 2012年7月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
小川和也 [グランドデザイン&カンパニー代表取締役社長]

第3回
メディア化した自分と「つぶやき疲れ」
――情報発信できる喜びと苦悩の板挟みに惑う人々

1
nextpage

ソーシャルメディアが、誰でも情報発信できる時代をもたらした。
そのように言われてすでに久しい。情報発信することで、今まで知らなかったことも知れたし、ソーシャルメディアがなければ絶対に親しくなれなかった人とも「つながる」ことができた。何よりも、そうやってつながった人たちから好意を寄せられるという喜びも手に入れたんだ――。
だが、果たしてそれは「いいこと」ばかりなのだろうか。後ろ指を刺される恐怖、無反応がもたらす徒労感……。連載第3回は、希望と、その陰にある「発信疲れ」の正体を追っていこう。

1%ルール――誰が情報を発信しているのか?

 イギリスの電子新聞「ガーディアン・アンリミテッド」は「1%ルール」という経験則を提唱している。

 それは、インターネットに接続している100人のうち、自分でコメントを書いたり、映像をアップロードしたりするなりしてコンテンツを作っている人は1人程度しかいないというものだ。そしてうち10人がそのコンテンツに対してコメントしたり、引用したりしている。残りの89%はただ見ているだけ、という見方だ。

 しかし、ブログに始まりTwitter、Facebookで極まった「投稿の簡易化」と「反応しやすい仕組み」。それらが整った昨今、この1%ルールは少しずつ様相を変え、より多くの人が情報の発信者や広がりの主体者になり始めた。この流れのことを、ここでは「個人のメディア化」と呼んでおく。

 本格的な個人のメディア化。今がその入り口だとすれば、この流れは今後ますます進化を遂げていくと考えられる。一見希望に満ちたこの流れのどこに、ネガティブの要素があるというのだろうか?

 まずは、希望を示す話から始めよう。

最高齢の「友達」が教えてくれたこと

 1人、僕のとっておきの「友達」を紹介しよう。

 Facebookでのつながりの中で最高齢の友達は、80歳を超える女性だ。僕がある番組でFacebookについての話をしているのをたまたまご覧になっていて、「これは面白そうだ」と感じ、すぐにFacebookに自分のアカウントを開設し、僕に友達申請してきたことが僕らのつながりのきっかけだ。

 もちろんその方は、インターネットのヘビーユーザーでもないし、ブログも書いたことがない。それでもFacebookで投稿するようになった理由は、「自分の書いたことに反応をもらえたら嬉しい」「込み入ったことを書かなくてもいい」ということらしい。

 Facebookで僕とその方がつながってから、その方の投稿に僕がコメントし、僕の投稿にその方がコメントするというやり取りを重ねている。使い始めて間もないのに、そのやり取りはそれを感じさせないくらいテンポがいい。インターネットに慣れた友達との違いも、ほとんど感じない。僕のウォールに流れてくるその方の投稿は、とても短文だが深みがある。そして僕がコメントをすると、すぐにコメントを返してくれる。

 その方にとっては、「自分がメディア化した」体験は、長い人生の中できっとこれが初めてだろう。僕はそのことに、ひとつの感慨を覚えた。ソーシャルメディアは、決して一部の人だけをメディア化するのではない。次第にそこに参加する人の裾野を広げながら、多くの個人をメディア化していくに違いない。僕のFacebookの「最高齢の友達」が、その変化を実感として示してくれている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


小川和也 [グランドデザイン&カンパニー代表取締役社長]

グランドデザイン&カンパニー代表取締役社長。西武文理大学特命教授。
1971年生まれ。1995年慶応義塾大学法学部卒業後、大手損害保険会社勤務を経て、2004年にグランドデザイン&カンパニーを創業。テクノロジー×クリエイティブの視点で、ソーシャルメディアとモバイルを軸としたインターネット事業を手がける。その黎明期から、ソーシャルメディアを中心とした題材の執筆や講演を多数行っており、ソーシャルメディアの普及とその背後にある課題等を論じ続けている。


なぜ「つながる」ほどに「疲れ」を感じるのか?

twitterやfacebookが世界中で利用されるようになり、「社会インフラ」として定着してきた感のあるソーシャルメディア。使わないと乗り遅れそうで始めてみたものの、何となく手を余してはいないだろうか。そして使っているうちに、どこか「行き詰るような疲れ」を感じてはいないだろうか。
ソーシャルメディアは人を魅了する一方で、気疲れも与えうるものでもある。
本連載では、twitter、facebookやmixiなどのソーシャルメディアの特性をよく知る著者が、自身の体験と寄せられる相談などから得た実例をもとに、多くの人々が潜在的に抱えている「ソーシャルメディア以降の人間関係や人とのつながりのあり方」に対するモヤモヤ感を言葉化して解消していく。それと同時に、これから先の動向を探り、それに即した人間関係の築き方、ソーシャルメディアを用いた「ほんの少しラクなつながり方」までを提示する。

「なぜ「つながる」ほどに「疲れ」を感じるのか?」

⇒バックナンバー一覧