ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSR業界にも、アイドル・グループがついに登場!
時代が求める「集合知」のパワー

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第72回】 2012年7月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 誰が世界を変えるのか? 多くの人は、スティーブ・ジョブズのような天才的なクリエーターが変えると思っているかもしれない。しかし、少なくとも社会貢献シーンでは、世界を変えるのは一人の天才のアイデアではなく、「集合知」なのではないかと思う。

 たとえば、社会起業家というものは、ビル・ドレイトンが「発見した」と言われている。それはビル・ドレイトンのアイデアによって生まれたのではなく、彼が「従来のビジネスでもない、慈善活動でもない、何か新しいビジネスの形」が世界中で同時多発的に発生していることを発見し、そのような新しいビジネスを行なっている人たちのことを社会起業家と定義し、カテゴライズした。

 その「発見」により、このような人たちがいることを世界が知り、追従する者が大量に発生した。誰かひとりの天才が社会起業家というスタイルを確立し、それを世界の多くの人が真似たというわけではないのだ。

 ソーシャル・ビジネスの代表格ともいえる「マイクロ・ファイナンス」も、バングラデシュのムハマド・ユヌスが生み出したビジネス・モデルではない。ユヌス率いるグラミン銀行は、バングラデシュで最初にマイクロ・ファイナンス事業を始めたわけではないし、最大の銀行でもない。グラミン銀行より大きなマイクロ・ファイナンス機関は他にもあるし、ユヌス以前にもそのような金融機関はあったというわけだ。だから、ユヌスがノーベル平和賞を受賞したのは、このビジネス・モデルを生み出したからではなく、世界に広めたその功績によるものである。

 ソーシャル・ビジネスなど社会貢献の新しいカタチは世界を大きく変えようとしているなかで、それはどうも、一人の天才による思想やアイデアによるものではなく、数多くの社会貢献を志す人間の集合知によるものだと、筆者は思うわけだ。

コワーキング・スペースが持つ
コラボレーションの可能性

 このことは、ソーシャル・イノベーションに関心のある人たちは意識的に、あるいは無意識のうちに気がついているようで、近年、「コワーキング・スペース」への関心が急速に高まっているのもそれが理由ではないかと思っている。

 コワーキング・スペースとは、多数の人間が共同して使うオフィス・スペースのことだが、シェア・オフィスとどう違うのかと質問されることも多い。たしかにコワーキング・スペースとシェア・オフィスは形態的にはまったく同じだ。ただし、そこに集まる人たちの意識が違う。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧