ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

「社会貢献で地域活性化」という新たな可能性。
日本各地に眠るソーシャルリソースを発掘せよ!

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第68回】 2012年5月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 先週、大阪(大阪市)と三重(松阪市)で講演をしてきた。おかげさまでいずれも満員御礼だったが、セミナー主催者のみなさまや参加者の方々との交流で、それぞれの地区の社会貢献熱のようなものを確認できた。今回はそのことを元に、大阪、松阪で起きている、社会貢献をテーマにしたユニークな地域活性化の取り組みをご紹介する。

大阪をソーシャル・ビジネスの一大拠点に

 まずは大阪。5月17日(木)16時から、大阪の梅田スカイビル・タワーイーストにある「うめきた先行開発区域PRセンター」にてセミナーが開催された。テーマは「企業の成長戦略としての社会貢献」。最近の筆者の定番ネタだが、正直に言ってドケチ、というか実利主義をもって知られる大阪で、このような「坊さんの説教」みたいなテーマでどこまで人が集まるか心配ではあった。

 しかし、平日の夕方という、人が集まりにくい時間帯にもかかわらず、定員80名の会場は満席。参加者も大阪を代表する企業の人たちが大半で、セミナー後は参加者の約半数と名刺交換した。大反響のセミナーでも、これだけの参加者と名刺交換することはめったになく、一昨年に筆者が初めて「儲かるCSR」の概念を披露して大きな共感を得たとき以来の名刺交換率だった。それだけ大きな共感を得られたということで、「成長戦略としての社会貢献」はもはや、全国区的なテーマであることを実感した。

 セミナーの主催は「SIOネットワーク」という、大阪でソーシャルビジネスに関心を持つ人たちの集まり。SIOとは、Social Innovation Osakaの略である。協力に電通、後援として株式会社ナレッジ・キャピタル・マネジメント。両社にもご協力いただいたのだが、実はいま、この三者が協力して「大阪をソーシャル・ビジネスの一大拠点にしよう」という動きがある。

 現在、大阪・梅田で「うめきた・グランフロント大阪」という大規模開発が進行中で、2013年春に完成・オープン予定。オフィス、商業施設、ホテル、マンションが複合する大規模施設で、JR大阪駅隣接という超便利な一等地に出現する。このグランフロント大阪の中核施設として位置付けられているのが『ナレッジキャピタル』である。

 「世界をおもしろくする知の空間」というコンセプトだが、シアター、カンファレンスルーム、オフィスなどの設備のほか、コワーキングスペースとしてのサロンも開設される。このナレッジキャピタルを、大阪のソーシャルビジネス、ソーシャルイノベーションの拠点にしようという動きが、前述の三者によって構想されているというわけだ。

 実現すれば、東京にもこれだけの規模と利便性をもったコワーキングスペースはないわけで、大阪が日本のソーシャルビジネス最前線に躍り出ることも十分に期待できる。筆者も関西人なので大阪、そして関西の興隆は大いに期待している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧