ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

eコマースが生む心理的な地理は距離を消滅させた

上田惇生
【第18回】 2007年11月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
ネクスト・ソサエティ
ダイヤモンド社刊 2200円(本体)

 「IT革命のインパクトは現われはじめたばかりである。問題は情報そのもののインパクトではない。人工頭脳のそれでもない。意思決定や政策や戦略に対するコンピュータのそれでもない。10年、15年という、ついこの間まで予測どころか話題にもなっていなかったもの、すなわちeコマースのインパクトである」(『ネクスト・ソサエティ』)

 1940年代半ばにコンピュータの出現とともに始まったIT革命は、今日では、IT革命の前から存在していたもののプロセスを変えたにすぎない。情報自体には、いささかの変化ももたらしていない。

 ところが、そこへeコマースが現れた。

 ドラッカーは、IT革命におけるeコマースの位置は、産業革命における鉄道と同じだという。

 いずれも人類にとって、まったく新しく、まったく予想外の展開である。

 今まさに、170年前の鉄道と同じように、eコマースが新しい時代を招き入れつつある。経済と社会と政治を、一変しつつあるという。

 鉄道が生んだ心理的な地理によって、人は距離を征服した。eコマースが生む心理的な地理では、人は距離を消滅させるのだ。

 「eコマースは経済、市場、産業構造を根底から変える。製品、サービス、流通、消費者、消費行動、労働市場を変える。さらにはわれわれの社会、政治、世界観、われわれ自身にインパクトを与える」(『ネクスト・ソサエティ』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧