ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
小説じつは…経済研究所

じつは、一粒で日本経済の三大症状に効く妙薬がある!?

佐々木一寿 [グロービス出版局編集委員]
【第5回】 2012年8月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

麹町経済研究所のちょっと気の弱いヒラ研究員「末席(ませき)」が、上司や所長に叱咤激励されながらも、経済の現状や経済学について解き明かしていく新連載。第5回は、ノーベル経済学賞受賞の権威が登場、日本経済の三大症状を大胆解決?!します。(佐々木一寿)

 グラグラと地震がくるたびに、麹町経済研究所は大騒ぎになる。3人所帯だというのに、大げさな表現だと思われるかもしれないが、嶋野主任の地震嫌いは5人前なのだ。

 「オー、マイ…」

 小さい地震の時には、嶋野が連呼する「オー、マイ…」という言葉に続けて、マネジャーと末席がいろいろ勝手にアテレコして遊んでいた時期もあった*1のだが、3.11を期に、2人はその遊びを封印した。

*1 スパゲッティ、ニュース、ベイビー、ケンイチなどが定番であった

 「あの悪夢がよみがえる…」

 嶋野は、地震が収まったあとも、子ウサギのように震えている。さすがに気の毒になったのか、マネジャーは、気を紛らわせようと話題を振った。

 「主任、地震で日本の経済はどうなりますか…」

 「うーん、今はサプライサイドが混乱しているからバタバタしているが、それが収まれば、日本国民は底力があるから、なんとかなると思うんだがね…」

 末席は、嶋野の言葉に、いつもの主任らしさを感じなかった。そういえば、さっきテレビでエコノミストが言っていたコメントと同じじゃないか。精神の萎縮は思考を狭めることがある、という例は、新古典派が依拠する効率的市場仮説がなぜ成り立ちにくいのかの根拠となりえるな…*2。そんなことを悠長に考えてしまいそうになるが、嶋野主任の正気を取り戻すほうが先決だ、と末席は思った。

*2 新ケインズ派などはモデルを考察する際に重視する

 「主任はいつも、需要サイドの元気のなさを気にしていたじゃないですか。それは大丈夫なんですか」

 「…」

 嶋野は、楽観したり、悲観したりの表情を2秒ごとに繰り返して*3、決然と言った。

*3 思考実験を実施していると、そのプロセスが顔に出るタイプの人がまれにいる

 「微妙かもしれないね。じつは大きな需要の元にもなりえるが、元気を失えば、大きな需要喪失にも繋がりかねない。こうしてはいられない!!」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

佐々木一寿 [グロービス出版局編集委員]

横浜国立大学経済学部国際経済学科卒業。大手メディア複合グループの出版部門勤務、報道系編集デスクを経て、グロービス入社。現在は、同社出版局の編集委員として、書籍・教材をはじめとする各種著作の企画・構成・執筆を担当。主に「グロービスMBA」シリーズ、「グロービスの実感するMBA」シリーズ(ともにダイヤモンド社刊)、「グロービスMBA集中講座」シリーズ(PHP研究所刊)の編集・執筆に携わる。


小説じつは…経済研究所

麹町経済研究所のちょっと気の弱いヒラ研究員「末席(ませき)」が、上司や所長に叱咤激励されながらも、経済の現状や経済学について解き明かしていく。

「小説じつは…経済研究所」

⇒バックナンバー一覧