ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
坂爪裕 「改善」活動のマネジメント

「消耗型」か「発見型」か
改善を無理なく長続きさせるコツ

坂爪 裕 [慶應義塾大学ビジネス・スクール教授]
【第2回】 2012年9月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

競争優位につながる
改善活動の間接効果

 企業にとって、改善活動を継続していくことのメリットには、計り知れないものがあります。改善活動の継続を通じて得られる効果には、S(安全)・Q(品質)・C(コスト)・D(リードタイム)など、様々なものが含まれます。

 また、改善活動の継続は、このような直接得られる効果だけでなく、間接的な効果にも結びつきます。間接効果の最たるものは、日々の改善活動の継続を通じて、広い意味で製造現場における学習が促進され、長期的には、企業の問題発見・解決能力が蓄積され、工場独自の文化が形成されるという効果です。

 特に、この間接効果は、企業の持続的競争優位の確立にとって、極めて重要です。というのも、日々の改善活動では、様々な試行錯誤や意図せざる結果の事後的な取りこみが頻繁に行われており、このような改善活動を通じた問題発見・解決能力の蓄積プロセスは、外部からは観察できないため、競合他社が容易に模倣することができず、その結果、企業の持続的競争優位につながると考えられるからです。

 しかし、改善活動は、実際には思ったように継続せず、改善のネタが尽きて活動が途中で頓挫してしまったり、活動自体がマンネリ化に陥り、形だけ活動が継続していても、推進しているメンバーの中に「やらされ感」「徒労感」が広がるなど、実務面で様々な難しさを抱えています。改善活動を長期間継続させ、直接効果だけでなく、間接効果をも生み出し、企業の持続的競争優位につなげていくためには、改善活動をどのようにマネジメントしていく必要があるのでしょうか。

次のページ>> 消耗型改善とは何か
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

坂爪 裕 [慶應義塾大学ビジネス・スクール教授]

さかづめ ゆう/1989年慶應義塾大学文学部人間関係学科人間科学専攻卒業、アンダーセン・コンサルティング(現:アクセンチュア)、さくら総合研究所(現:日本総合研究所)を経て、2001年慶應義塾大学大学院経営管理研究科博士課程単位取得退学。2004年より慶應義塾大学大学院経営管理研究科専任講師。2006年慶應義塾大学大学院経営管理研究科助教授。2012年教授。2004年慶應義塾大学博士(経営学)。


坂爪裕 「改善」活動のマネジメント

「改善」と聞くと、随分と些細なことで、企業経営を論じる際には、語るに値しない小さなことだと感じる方も多いのではないかと思われます。昨今は、まさに「イノベーション」が必要なのであって、「改善」はもう時代遅れだといった感覚すらあるのではないでしょうか。しかし、あえてこのような些細な活動の細部にこそ、長期的には企業の持続的競争優位に繋がるヒントが隠されていると考えます。本連載講座では、このような前提に立って「改善」活動のマネジメントについてお話したいと思います。

「坂爪裕 「改善」活動のマネジメント」

⇒バックナンバー一覧