ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
お金が貯まる人 貯まらない人
【最終回】 2012年9月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
中村芳子 [ファイナンシャル・プランナー]

貯まる人は、保険を総額で考える。
「月々、わずか1万8000円の保険料」。40年で見ると864万円になる

1
nextpage

日本人は本当に保険好き。貯まらない人は、保険を「お守り」代わりと考え、貯まる人は、リスクの質と量をはかって保険を買う。「保険料負担は1日わずか250円です」も、40年で見ると360万円。貯まる人になるための、賢い保険の選び方を考える。

不安が強い人は、保険に入りすぎる

中村芳子(なかむらよしこ)
ファイナンシャル・プランナー。アルファ アンド アソシエイツ代表。
長崎市出身。早稲田大学商学部で国際経済を学ぶ。
卒業後、大手電機メーカーに就職するが、翌年社員5人のファイナンシャル・プランニング会社に転職。
1991年に退社、現在の会社を設立。個人向けのマネー相談、執筆、講演などを行う一方、オンライン証券や銀行のプロジェクト、企業の福利厚生制度のアドバイザーなども務める。20代、30代のマネーの啓蒙に特に力を入れている。
複雑な金融やマネー知識を、わかりやすく解説する書籍や記事、講演に定評がある。
ベストセラーとなった『20代のいま、やっておくべきお金のこと』『結婚したら、やっておくべきお金のこと』(ダイヤモンド社)のほか、『知らないと損するお金のルールとマナー』(日本実業出版社)、『女性が28歳までに知っておきたいお金の貯め方』(三笠書房)、『女性が30代で、必ずやっておくべきお金のこと』(PHP研究所)、『図解生命保険のカラクリがわかる本』(東洋経済新報社)などマネーの著書多数。『聖書88の言葉』(ダイヤモンド社)、『養子でわくわく家族』(小学館)、『英語の話せる子の育て方』(中経出版)など、お金以外の著書もある。
URL:http://www.al-pha.com/fp/
Facebook:http://www.facebook.com/Alpha.and.Associates

 日本人は保険好き。生命保険加入率はたぶん世界一だろう。2010年の調査では男性79%、女性79.5%と驚くほど高い(生命保険文化センター「生活保障に関する調査」)。

 ところが、FPの仕事で生命保険のコンサルティングをすると、自分が契約している保険の内容をきちんと知っている人はとても少ない。

 「毎月いくらの保険料を払っているか」はだいたいわかっているが、「どんな保障が、いつまで、いくらあるのか」わかっていない。わからないまま、ひとりで3つも4つも、家族で6つも7つも入っている人がいる。長年、相談を受けて気づいたのは次のことだ。

 不安が強い人ほど、たくさんの保険に、高額の保険に加入している。そのうえ、その不安の原因に気づいていない。

・給料が減るかもしれない。
・リストラされるかもしれない。
・病気で入院したらどうしよう。
・老後の生活費は足りるだろうか。
・結婚できないかもしれない。
・会社の人間関係がうまくいかない。

 不安の原因、根っこがわかれば不安は半減する。対応策も見えてくる。ところが、それに正面から向き合わないと、不安な気持ちはどんどんふくらんでいく。そして、何か安心を与えてくれるもの──「生命保険」とか「お金」とか「恋人」とか──にすがろうとする。それではまったく解決に結びつかない(どころか、別の問題を起こすことになる)。

 不必要な保険、見当はずれの保険に保険料を払い続けたら、お金は貯まらない。

 お金を貯めたいなら、自分の不安に向き合わなくてはいけない。

貯まらない人は、不安からたくさんの保険に入る。
貯まる人は、不安に保険で対応しない。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  貯蓄 , 老後 , 保険 , 年金 , 20代 , FP
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


中村芳子 [ファイナンシャル・プランナー]

有限会社 アルファ アンド アソシエイツ代表取締役。
1986年よりFP業に携わる日本のFPの草分け。 女性FP協会(現WAFP関東)の設立者の一人、初代理事長。 1991年に会社を設立。パーソナル・コンサルティング、金融記事の執筆、金融企画のアドバイスなどを行っている。20代30代のマネー啓蒙に特に力を入れている。 マネックス証券創業時より7年間アドバイザーをつとめる。みずほ銀行の夫婦向けマネーサイト「おうちのおかね」を監修。

主な著書に「結婚したら、やっておくべきお金のこと」「20代のいま、やっておくべきお金のこと」「生きる力を与えてくれる 聖書88の言葉」(以上ダイヤモンド社) 「女性が28歳までに知っておきたいお金の貯め方」(三笠書房) 「図解 生命保険のカラクリがわかる本」(東洋経済新報社)「はじめての保険・年金」(共著/日本経済新聞社)、「英語が話せる子の育て方」(中経出版)などがある。 2011年7月に「学校も会社も教えてくれないお金のこと」(徳間書店)を刊行。

 


お金が貯まる人 貯まらない人

夫婦の年収5000万円以上でも、貯まらないカップルがいる。
年収300万円以下でも、未来に向かって貯めている人がいる。
その違いは、どこから来るのだろう。
著者は、ファイナンシャル・プランナー(FP)として20年以上、多くの人のお金の相談を受けてきてわかったことがあった。お金が貯まるか貯まらないかは、たくさんの小さな要素、小さな習慣が積み重なって決まる、ということだ。この連載では、『お金が貯まる人貯まらない人』の中から、「お金が貯まる人」になるための小さな習慣をご紹介する。
 

「お金が貯まる人 貯まらない人」

⇒バックナンバー一覧