ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

じつはわれわれは企業とその機能が
何であるかを知っている

上田惇生
【第313回】 2012年11月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
2520円(税込)

 「われわれはまだ、真の企業理論というべきものも、総合的な経営学というべきものも持ち合わせていない。しかしわれわれは、企業とは何であり、その基本的な機能が何であるかは知っている」(ドラッカー名著集(13)『マネジメント─課題、責任、実践』[上])

 1980年、米国の中堅証券会社エドワード・ジョーンズ社のトップ、ジョン・バックマンは、ドラッカーに手紙を書いた。何通も書いた。「全社を挙げて心酔しており、コンサルティングをお願いしたい」。

 「とにかく立派な会社にしたかった。そこへドラッカーの『マネジメント』に出会った。社内の皆が、これが目指す会社だと言った」

 ドラッカーの『マネジメント』とは、54年の名著『現代の経営』において、企業の目的は「顧客の創造」であると断じて、体系としてのマネジメントを確立し、ついにはマネジメントの父とされるに至ったドラッカーが、その後20年の企業研究の成果を注ぎ込んだマネジメントの百科全書ともいうべき大著である。

 バックマンは、その大辞典のごときものを読んで、感激して手紙を書いたのだという。

 ビジネススクールの教授たちは、スキルとしてのマネジメント手法は精緻化できても、体系としてのマネジメントは提示しえていない。しかし、まず経営に必要とされるものは、スキルとしてのマネジメントではなく、体系としてのマネジメントのほうである。その体系としてのマネジメントの集大成に成功したのがドラッカーだった。

 そのため、経営の道に入って、道に迷った者には、ドラッカーが直接の助けとなる。ドラッカーに感激し、経営の醍醐味に感激する。

 ドラッカーは、「実はわれわれは、企業とは何であり、その基本的な機能が何であるかを知っている」と言う。したがって、ドラッカーが行なっていることは、そのわれわれ全員がすでに知っていることの再確認だけである。

 だから読者は、ドラッカーは自分のために書いてくれたと確信する。大著『マネジメント』は無機質な百科全書ではなかった。一気に読み下すことのできる1000ページだった。「われわれの次の世代の課題は、個人、コミュニティ、社会のために組織を役立たせることである。それがマネジメントの役割である」(『マネジメント』[上])。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧