ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
入門 ブランドで競争する技術
【第7回】 2012年12月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
河合 拓 [ハンズオン型 経営コンサルティング会社 ジェネックスパートナーズ(旧ジェミニコンサルティング)取締役 シニア・パートナー]

「男はつらいよ」と「水戸黄門」に
儲かるブランドにできるヒントがある!

1
nextpage

復活した『ブランドで競争する技術』の入門編の短期連載もいったん最終回です。変化の激しい日本で、ブランドを使いながら、どうお金儲けをしていくか、最終回は、「男はつらいよ」と「水戸黄門」に学ぶ、顧客から支持され続ける方法について。

変わらぬ期待感が、
儲かるお客を連れてくる

 日本映画のロングセラーといえば、「寅さん」こと渥美清が出演する「男はつらいよ」。テレビの長寿番組といえば、昨年まで42年も続いた「水戸黄門」を思い出します。顧客にとって長い間愛され続けてきた、つまり、顧客をリテンション(維持、確保)し続けてきたこれらのコンテンツの共通点はなんでしょう? ここにビジネスをストック化し、お金持ちになるヒントがありそうです。

 「男はつらいよ」も「水戸黄門」も、(場面や登場人物、シーンは変わっていても)ストーリーの骨格は毎回変わっていないという点が共通しています。たとえば「男はつらいよ」では、寅さんがひさびさに柴又に帰り、ドタバタ劇を繰り広げ、最後は失恋するというストーリーで一貫していますし、「水戸黄門」も、庶民を苦しめる悪代官が登場するのですが、最後は黄門様の印籠でたたきのめされます。

 これらの番組は、こうした骨格となるストーリー、枠組みがしっかりしているため、視聴者(ファン)たちに、「変わらぬ期待感」を持たせることに成功しているのです。そして、その骨格となるストーリーを支持するファンは、何度もこうした映画やドラマを見続けるのです。

 このメカニズム(顧客のリテンション)を、お客さんの視点に立ってもう少し掘り下げてみましょう。客は買い物をするとき、国内のあらゆる類似品をその都度細かく吟味し比較して、最高のコスト・パフォーマンスを持つ商品を選ぶ、ということは実際はしていません。そんなことを毎回していたら疲れてしまいます。では、どういう意識が働くのでしょうか?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


河合 拓 [ハンズオン型 経営コンサルティング会社 ジェネックスパートナーズ(旧ジェミニコンサルティング)取締役 シニア・パートナー]

小売業、商社など流通、卸売業全般にわたり、事業戦略策定と実行支援など数多くの成果実現の実績を持つ。コンサルタントとして11年の経験を有し、それ以前に総合商社にて繊維・アパレルビジネスに9年間従事。欧米、アジア全域にわたり海外営業を経験。専門誌を中心に執筆多数。政策学校一新塾(大前研一創設)の卒塾生であり、現在、講師(2003年~2012年)、および、政策指導、社会起業アドバイザーを務める。

 


入門 ブランドで競争する技術

デフレ経済下で終わりのない安売り競争が続いていることが、元気のない日本の原因のひとつになっています。そこで必要になるのがブランドです。ブランドなくして市場の勝ち組にはなれないにもかかわらず、日本のビジネスマンはブランドを使いこなすのが苦手。そんな状況を少しでも改善しようと出版された『ブランドで競争する技術』の著者・河合拓氏に、強いブランドをつくり、ブランドで闘う方法の入門編を解説してもらいます。

「入門 ブランドで競争する技術」

⇒バックナンバー一覧