ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
強い会社の「儲けの公式」  あのビジネスは、なぜ成功しているのか?
【第1回】 2012年12月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
村井直志 [公認会計士村井直志事務所・代表]

AKB48は、なぜブレイク前に駅前の一等地に
専用劇場を持てたのか~前編~

1
nextpage

秋葉原のドン・キホーテ8階にある「AKB48劇場」(エーケービーフォーティエイトシアター)。ココは、会いに行けるアイドルというコンセプトのAKB48にとって重要な拠点ですが、この“自前の専用劇場を持つ”というのは、初期投資や維持費が大きいもの。普通に考えればブレイク前のアイドルがそんなことをするのはかなり無理があるはずです。

この疑問を会計的にナゾ解いてみるとどうなるのか?新刊「強い会社の『儲けの公式』」より、なぜAKB48はブレイク前に駅前の一等地に専用劇場を持てたのか、を探ってみたいと思います。今回は前編です。

儲けている会社には
会計的なカラクリがあった!

 この不況の中でも、儲かっているビジネスはあります。「こんなことをしたら、赤字だろう」「常識的に考えて、無理だろう」、一見するとそう思われるビジネスが、成功していたりします。しかし、実はこれ、会計的視点でみると「なるほど、そういうカラクリなのか!」と合点がいくものばかりなのです。

AKB48は、なぜ売れる前から自前の劇場を持てたのか
JALは、なぜ驚くべきスピードで復活、再上場できたのか
コジマは、なぜ共同戦線の相手にヤマダでなくビックカメラを選んだのか
ユニクロは、なぜアパレル業界で初の売上高1兆円を達成できるのか
青山フラワーマーケットは、なぜ市場の半額で花を売ることができるのか
アップルは、なぜ魅力的で革新的な商品を生み出し続けられるのか

 こうした疑問も、会計の視点で眺めれば、解けるのです。なにより儲かる会社には「儲けの公式」があるのです。

 会計士となって20余年、これまで、私はさまざまなビジネスを「会計」というツールを用い「数字」を使って、支援してきました。上場のお手伝いから、会計システムの導入、事業継承、M&Aなど。また粉飾や横領といった不正が発覚した会社では、不正調査をとりまとめ、時には法廷に立ち、ことの顛末を報告したこともあります。

 こうした経験の中で、気づいたことがあります。それは、上場するほどではないにせよ、地元で一番といわれるような、優れた結果を出している「強い会社」では、経営に関わる人たちが、「会計」や「数字」の本質を理解している、という事実です。

 逆に、事業に行き詰まり、会社を切り売りし、最悪、夜逃げにまで追い込まれた、ビジネス的に「弱い会社」の経営者たちの大半は、決算書という記号と数字に翻弄され、「会計」や「数字」の見方が分かっていないことが多かった、という事実です。

 このたび上梓した著書では、これまでの経験や会計の視点から、“強い”といわれている会社を引き合いに「儲けの公式」を、自分なりに読み解いてみました。今回はその中からいくつかをご紹介したいと思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村井直志 [公認会計士村井直志事務所・代表]

公認会計士村井直志事務所・代表(公認会計士。経済産業省・中小企業庁認定経営革新等支援機関。日本公認会計士協会、公会計協議会、地方公共団体会計・監査部会員)。
中央大学商学部会計学科卒。税務事務所、大手監査法人、コンサルファーム、東証上場会社役員などを経て、公認会計士村井直志事務所を開設。日本公認会計士協会東京会コンピュータ委員長、経営・税務・業務各委員会委員など歴任。 2013年日本公認会計士協会研究大会に、研究テーマ『CAAT(コンピュータ利用監査技法)で不正会計に対処する、エクセルを用いた異常点監査技法』で選抜。
ビジネスにまつわる「数字」を分かりやすく伝承するアカウンティング・キュレーターとして、経営コンサルティング・監査・不正調査のほか、セミナー・執筆などを行う。
著書に、『Excelによる不正発見法 CAATで粉飾・横領はこう見抜く』(中央経済社)、『強い会社の「儲けの公式」』(ダイヤモンド社)、『会計ドレッシング10episodes』、『会計直観力を鍛える』(以上、東洋経済新報社)他がある。

 


強い会社の「儲けの公式」 あのビジネスは、なぜ成功しているのか?

この不況の中でも儲かっているビジネスはあります。「こんなことをしたら、赤字だろう」「常識的に考え、無理だろう」一見するとそう思われるビジネスが、成功していたりします。しかし、実はこれ、会計的視点でみると「なるほど、そういうカラクリなのか!」と合点がいくものばかりなのです。本連載では、書籍『強い会社の「儲けの公式」』から要点をピックアップ。数字から経営やビジネス展開を読み解く第1歩になるはずです。

「強い会社の「儲けの公式」 あのビジネスは、なぜ成功しているのか?」

⇒バックナンバー一覧