ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

20世紀を生きたドラッカーが
21世紀のために遺したものが
マネジメントだった

上田惇生
【第317回】 2012年12月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
2520円(税込)

 「われわれの社会は、信じられないほど短い間に組織社会になった。しかも多元的な社会になった。財とサービスの生産から、医療、年金、福祉、教育、科学、環境にいたるまで、主な問題は、個人と家族ではなく、個々の組織の手にゆだねられた。そのうえ、知識を通じて生活の資を稼ぎ、成果をあげて社会に貢献する機会が豊富に存在するのも組織だけとなった」(ドラッカー名著集(13)『マネジメント─課題、責任、実践』[上])

 産業革命が人類に膨大な生産力を与えた。そこにブルジョワ資本主義なるイズムが現れ、自由に経済活動を行なわせるならば、見えざる手によって、自由と平等は万人のものになると約束した。

 しかし、新たな生産力の果実を手にしたのは、生産手段の所有者だけだった。豊かになった者は、すでに豊かだった者である。

 このブルジョワ資本主義が失敗したとき、マルクス社会主義なるもう一つのイズムが現れ、生産手段を働く者の手に渡すならば、万人に自由と平等がもたらされるとした。しかし、そこで生産力の果実を手にしたのは、新たな官僚階級だけであった。

 二つのイズムが新たな生産力を生かすことに失敗した後、残された万能の処方はファシズム全体主義という第三のイズムだった。それはそもそも、自由と平等を諦めたイズムだった。

 しかし、産業革命がもたらしたものは生産力だけではない。生産手段の大規模化が、組織社会の到来を招いていた。こうして、あらゆる財とサービスが組織によって生産され、あらゆる人間が組織に働くという組織社会が生まれた。

 したがって、イズムに代わるものとして、人類にとっての唯一の望みともなったものが組織だった。

 こうして、イズムによらない答えを探し続けた若き政治学者ピーター・ドラッカーが見出したものが、マネジメントだった。

 20世紀を生きたドラッカーが二一世紀のために遺したものがマネジメントだった。あるいはその礎となるべきものだった。

 「マネジメントは、いよいよ大きな成果をあげなければならない。しかも、あらゆる分野で成果をあげなければならない。個々の組織の存続や繁栄よりもはるかに多くのものが、その成果の如何にかかっている」(『マネジメント』[上])

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧