ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
オヤジの幸福論

株式は長期投資の主役

後藤順一郎 [アライアンス・バーンスタイン株式会社 AB未来総研 所長]
【第12回】 2012年12月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

前回は老後の生活資金の確保、つまり「自分年金」づくりにおける投資の必要性をお話ししました。投資経験のない人には一見ハードルが高そうですが、「自分年金」づくりで大切なのは日々の情報収集を必要とする短期投資ではなく、じっくりと腰を据えて臨む長期投資です。長期の資産運用は意外とシンプルで、基本原則といった「知恵」を理解していれば十分です。その「知恵」を活用して、長期投資を実践する際に基本となるのは株式と債券なのですが、今回はまずは株式について触れたいと思います。

株式は資産形成のメイン・エンジン

 株式は預貯金と違い元本保証ではないため、資産を増やすどころか減らすことを心配する人が多く、特に日本人はこの傾向が強いようです。オヤジ世代以上は1980年代後半のバブルを社会人として経験しているので、株式は上がることもあると認識していると思いますが、ポスト・バブル世代である40代前半より若い人にとっては、株式は乱高下するもの、もっとネガティブな人では、下落するものといったイメージが強いのではないでしょうか。

 しかし、株式は投資において最も基本的な資産の一つで、資産形成のメイン・エンジンなのです。実際、共通データがある1988年1月から2012年9月までの実績(円ベース)を見ると、確かに日本株式(TOPIX)の平均リターンは年率約▲2%程度と低迷していますが、グローバルで見ると米国(S&P500指数)は約8%、新興国(MSCIエマージング・マーケット指数)は約11%と大きなプラスのリターンとなっています。

 株式はこのように大きなリターンを期待できる半面、リスクが高いのが難点です。企業が倒産した場合、残った財産から返済されるのは税金や従業員の給料、次に銀行等の貸付金の順で、これらをすべて支払った後に残ったものが株式の投資家、つまり株主に返ってくるのです。このように株主は倒産した際のリスクが大きいため、高いリターンを得られる可能性がないと、そもそもその企業の株式には投資しません。

次のページ>> 人気のない株式投資
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

後藤順一郎 [アライアンス・バーンスタイン株式会社 AB未来総研 所長]

慶應義塾大学理工学部 非常勤講師。1997年慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業。97年株式会社富士銀行(現 株式会社みずほ銀行)にて、法人向け融資業務に従事。2000年みずほ総合研究所に勤務し、主として企業年金向けの資産運用/年金制度設計コンサルティングに従事。06年一橋大学大学院国際企業戦略研究科にてMBA取得。同年4月アライアンス・バーンスタイン株式会社に入社。共著書に「企業年金の資産運用ハンドブック」(日本法令 2000年)、「年金基金の資産運用-最新の手法と課題のガイドブック-」(東洋経済新報社 2004年)などがある。

 


オヤジの幸福論

年金支給が70歳支給になるかもしれない。公的年金ばかりか企業年金も怪しくなっている。銀行の金利も微々たるもの。平均寿命が延びるほどに老後が不安になってくる。自分で自分を守るためにどうしたらいいのか。オヤジの幸福のために自分年金について教えます。

「オヤジの幸福論」

⇒バックナンバー一覧