ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

分権制の真意はリーダーの育成にある

上田惇生
【第93回】 2008年10月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
企業とは何か
ダイヤモンド社刊
2400円(税別)

 「創造力を発揮する意欲と能力をもつ責任感あるリーダーがいなければ、いかに優秀な組織といえどもその優秀さを発揮することはできない」(『企業とは何か』)

 組織にとっては、製品を効率よく低コストで生産することよりも、リーダーを育てることのほうが重要であるとドラッカーは言う。効率よく低コストで製品を生産することなど、人間と人間組織がありさえすれば、いかようにもできる。

 社会主義体制下の事業体がリーダーを育成できないことは、社会主義経済にとって深刻な弱みである。自由経済体制下でも、中央集権的なワンマン会社がリーダーを育成できないことは同様である。

 たとえ小さなものであっても、事業上の責任を負ったことがなければ、リーダーとしての能力を見極めようがない。本人にもわからない。

 市場には経済的な役割に加えて、社会的な役割がある。事業上の能力に関して客観的な評価尺度を提供することによって、次代の事業を担うべき者を明らかにしてくれる。市場によるテストが、経済的な領域における権力の正当性の根拠となる。それなくしては、評価尺度は学歴かひいきしかないことになる。

 「自由企業体制を成立させるには、事業体が民間所有であるだけでは不十分である。経営的な能力が市場という客観的な試練にさらされなければならない。それを可能にすることが、分権制の重要な目的の一つである」(『企業とは何か』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧