ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

新日鐵住金の合併後最初の課題
和歌山製鉄所“新高炉”の行方

週刊ダイヤモンド編集部
2013年1月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
昨年10月に誕生した新日鐵住金。逆風の市況の中、合併効果を模索する
Photo:PANA

 「合併後に迎える最初の大きな課題だ」──。

 1150億円を投じ、今期中の火入れを予定する旧住友金属工業の和歌山製鉄所「新第2高炉」。その一大イベントが、いつ催されるのかに注目が集まっている。

 高炉建設そのものは、ほぼ終えていながら、火入れ時期が一転、不透明になっているからだ。鉄鋼業界に詳しい証券アナリストは「少なくとも数カ月遅れるとの観測が広がっている」と明かす。これに対し、新日鐵住金は耐火レンガの最後の購入を控え、完成一歩手前のままの状態でとどめているとしている。あえて未完成のままなのは、多額の固定資産税の回避などが目的という見方が専らだ。

 「今期中の火入れ方針に変更はない。市況が好転し、必要となればいつでも稼働できる」と新日鐵住金。あくまで、中国や韓国の攻勢により、だぶついた需給バランスが原因というスタンスだ。

 だが、合併の事情に詳しいある関係者は、冒頭のセリフとともに「表向きの理由は、需給調整で正しいし、その理由も無論ある。しかし、背後には、歴史的な経緯と合併の影響も大きい」と明かす。

 和歌山製鉄所は旧住金にとって象徴的な存在でありながら、以前から、パイプ以外は“お荷物”的な存在だったというのが、関係者の共通した見解だ。設備老朽化のみならず、大きな輸送船が入港できない港の水深の浅さなどがネックとなり、合併した今、他の製鉄所に設備投資するほうが、合理的だからだ。

 「合併前、新日本製鐵側は、同じく住金の持つ鹿島製鉄所だけなら、すぐにでも欲しかったが、和歌山もついてくるというのが頭痛の種だった」とこの関係者は振り返る。その上で「住金側の気分を害さないようふたをしてきたが、市況が厳しい中、和歌山をどうするのかという判断を迫られるのではないか」と見立てる。

 この不透明な先行きに、企業城下町の和歌山市では、雇用不安さえ広がる事態となっている。

 (「週刊ダイヤモンド」編集部 宮原啓彰、脇田まや)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧