経営 X 人事
なぜ職場で人が育たなくなったのか
【第4回】 2010年1月18日
著者・コラム紹介 バックナンバー
間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]

現代のミドルマネジャーを苦しめる
職場に起きた「4つの複雑化」

職場で若手育成に主体的に取り組む存在として期待されているのがミドル・マネジャー。多くはプレイング・マネジャーとして「数字」を上げることを責務として負わされ、そのハードルをクリアしたうえで、さらに人を育てろというわけです。今回は、若くして課長に抜擢された新任課長に話を聞きました。(ダイヤモンド社人材開発事業部副部長・間杉俊彦)

年上の部下も少なくない
多様な人員構成

 タナカくんは28歳。大手情報関連企業でサイバー系ビジネスに携わっています。

 私はあるきっかけで大学生だったタナカくんと知り合い、以後、社会人になった彼と長い交流が続いています。

 WEBをはじめとする新しいテクノロジーに詳しく、それをビジネスに結び付けていくタナカくんの能力は、石器時代のようなリテラシーの持ち主である私にはまぶしいばかり。いつでも彼の話は刺激的で、さまざまなヒントを与えてくれます。

 そのタナカくんが、昨年めでたくマネジャー職に抜擢され、20人ほどの部下を抱える立場になりました。

 「まあ、なかなか大変ですよ」。タナカくんに話を聞いたのは、ちょうど新任マネジャー研修を終えたばかりのことでした。

 割と早い年次で、責任ある立場が任されることの多いその会社でも、入社6年目でマネジャーに昇格するのは、かなりのスピードです。

 「間杉さんが連載で書かれたように、職場が複雑化していることを背景に、会社はマネジャー層の研修をかなり手厚くしているんです」

 『職場の複雑化』というのは、年次の複雑化、つまり年上の部下も少なくないという環境のこと。さらに、転職者や外国人もいるというバックグラウンドの複雑化。また、派遣、アルバイト、業務委託、時短勤務の女性社員もいて、ダイバーシティの観点も含めた雇用形態の複雑化。そして、マネジメント環境の複雑化、つまりISOやプライバシー・マーク、勤務時間管理など、マネジャーとして仕事の前提とするべき指標や達成するべき前提条件の多層化。

経営 X 人事 特集TOPに戻る

 

 

間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]

1961年、東京都生まれ。1986年 、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業、ダイヤモンド社入社。週刊ダイヤモンド編集部に配属され、以後、記者として流通、家電、化学・医薬品、運輸サービスなどの各業界を担当。2000年 週刊ダイヤモンド副編集長。2006年 人材開発編集部副部長。著書に『だから若手が辞めていく』(ダイヤモンド社刊)

 


なぜ職場で人が育たなくなったのか

「なぜ職場で人が育たなくなったか」をテーマに、その背景と要因を考える。そして研究者や識者の知恵を借りながら、「職場で人が育つ方法」を提示していく。

「なぜ職場で人が育たなくなったのか」

⇒バックナンバー一覧