ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀征 政権ウォッチ

安倍内閣支持率が続伸する3つの理由

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]
【第171回】 2013年2月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「新報道2001」(フジテレビ系)の世論調査で、安倍晋三内閣の支持率が72.2%に達した。

 朝日新聞では62%だが、前回比では8%増。他調査を圧倒している。

 不支持率は新報道が21.8%なのに、朝日は17%。これも前回比で6%も減少した。

 これなら、細川(護熙)、小泉(純一郎)両内閣に迫る支持率と言える。

 この高い支持を背に、首相は22日の日米首脳会談に臨む。そもそも首脳会談は、世論の支持が最強の援軍となるから、安倍首相にとっては願ってもない環境だ。

 振り返ると先週末のG20が今までの最大関門。この関所をアベノミクスは首尾よく通過した。

 一部で日本の円安に批判が集中すると懸念されたが、共同声明では名指しされることなく、「通貨の競争的な切り下げを控える」という一般論で収まった。

 これは麻生太郎財務相などが、日本の金融緩和が円安ではなく、「デフレ脱却」を目的とするものであると、繰り返し強調したことも功を奏したのだろう。

高支持率の理由を知ればわかる
安倍内閣の意外なもろさ

 安倍内閣支持率の続伸の大きな理由は3つある。

①円安、株高に象徴されるように、経済が明るさを取り戻したこと。

 麻生財務相が言うように、政府は「まだ何もしていない」のに、経済の先行きへの期待感が充満している。これが今後も順調に持続するとは言えないが、経済の再生への出発点として不可欠なもの。大事に育んでいくべきだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]

1940年長野県生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒業。
83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。
細川政権発足時、首相特別補佐。第一次橋本内閣、経済企画庁長官。
現在、福山大学客員教授、「民権塾」塾長。


田中秀征 政権ウォッチ

かつて首相特別補佐として細川政権を支えた田中秀征が、期待と不安に溢れた現政権の動向を鋭く斬り込む週刊コラム。刻一刻と動く政局をウォッチしていく。

「田中秀征 政権ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧