ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『情報メディア白書』2013ダイジェスト

【地上波テレビ放送】
経営統合とネット対応へ動き出した
地上波デジタル移行後のテレビ業界

電通総研 メディアイノベーション研究部
【第5回・最終回】 2013年3月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

『情報メディア白書』(電通総研編 小社刊)は1994年から毎年刊行しているデータブック。新聞・出版から広告、携帯電話、通信販売業まで情報メディア全般にかかる14の産業を統計データを元に精緻に分析し、メディア関係者やマーケターの戦略立案を支えてきた。2月に発売した2013年版から、内容の一部をダイジェストで紹介する。最終回の今回は地上波テレビ放送業界を展望する。

 2011年度の地上波テレビ市場規模は2兆7652億円(前年度比100.2%)と微増であった。ただし、テレビ広告費は2008年に発生したリーマンショックによる各企業の広告費削減以前の水準までは立ち直っていない。現在の市場規模は、2兆円台であった2000年代半ばの9割程度である。

 しかし、懸念された東日本大震災の影響は地上波民放テレビ局にとって大きなダメージとなるまでには至らなかった。スポット広告が、震災による消費意欲の減退などの影響を受けていたが、「流通・小売業」「化粧品・トイレタリー」など回復の早い業種を中心に、6月以降は徐々に前年並みを確保するようになり、年後半には「自動車・関連品」も復調に転じている。

 民間放送は2008年4月に「マスメディア集中排除原則」が緩和されたことで、「認定放送持株会社制度」が導入され、持株会社が複数の放送事業者を束ねる経営が可能になった。

 この制度の下でフジ・メディア・ホールディングス(2008年10月)、東京放送ホールディングス(2009年4月)、テレビ東京ホールディングス(2010年10月)といった認定持株会社が生まれたが、2012年10月1日には、新たに日本テレビが認定放送持株会社体制への移行を完了した。在京キー局ではテレビ朝日以外はすべて同制度に基づく持株会社制を採用したことになる。

 ネット対応も進んだ。2012年4月1日、在京キー局5局と電通が共同で、テレビ向けVODサービス「もっとTV(テレビ)」を開始した。本サービスは、対応するインターネット対応テレビやスマートフォン、タブレット等で視聴可能で、日テレオンデマンド、テレ朝動画、TBSオンデマンド、テレビ東京オンデマンド、フジテレビオンデマンドおよびNHKオンデマンド(2012年7月7日から)がサービスを提供している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

電通総研 メディアイノベーション研究部

メディアとオーディエンスを取り巻く環境変化や将来展望について、独自の視点と手法から知見を開発して情報を発信しながら、メディア産業に関わる企業のコンサルティング活動などを行なっている。


『情報メディア白書』2013ダイジェスト

情報、メディアを扱う産業は、時代の求めと技術の進展を貪欲に飲み込みながら、常に我々の生活を変えてきた。経済成長が停滞から抜け出せないこの20年の間も、新たなサービスが次々に登場し、既存の産業を巻き込みながら成長を遂げているのである。そのような産業群を、データを元に網羅的にウオッチしてきたのが『情報メディア白書』。分析したデータは、情報メディア産業が例年にも増して大きく変化を遂げていることを明らかにしている。

「『情報メディア白書』2013ダイジェスト」

⇒バックナンバー一覧